ここから本文です

新設された“GK版バロンドール”の初代受賞者は…アリソンやエデルソンらがノミネート

10/22(火) 10:41配信

ゲキサカ

 フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は21日、ヤシン・トロフィーの候補者10名を発表した。

 ヤシン・トロフィーはGKを対象とした賞として2019年に新設。旧ソビエト代表として活躍し、1963年にGKで唯一となるバロンドールを受賞したレフ・ヤシン氏にちなんで、同賞の名前が付けられた。

 初代受賞者の候補として、リバプールのUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)制覇に大きく貢献したGKアリソン・ベッカー、プレミアリーグ連覇に導いたGKエデルソン、バイエルンの絶対的守護神マヌエル・ノイアーらが候補入り。アリソンとGKウーゴ・ロリス(トッテナム)、GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)はバロンドールの候補者リストにも名を連ねている。

 なお、授賞式は12月2日にパリで開催される。ヤシン・トロフィーの候補者10名は以下の通り。

アリソン・ベッカー(リバプール)
エデルソン(マンチェスター・C)
サミール・ハンダノビッチ(インテル)
ケパ・アリサバラガ(チェルシー)
ウーゴ・ロリス(トッテナム)
マヌエル・ノイアー(バイエルン)
ヤン・オブラク(A・マドリー)
アンドレ・オナナ(アヤックス)
ボイチェフ・シュチェスニ(ユベントス)
マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)

最終更新:10/22(火) 10:41
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事