ここから本文です

酷評された“100億円の男”…元オランダ代表MF「本当にそう思う」

10/22(火) 14:50配信

ゲキサカ

 “100億円の男”が酷評された。元オランダ代表MFのラファエル・ファン・デル・ファールト氏が、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFハリー・マグワイアについて「その価値はない」と話した。オランダ『Ziggo Sport』に語ったコメントを英『デイリー・メール』が伝えている。

 マグワイアは今夏、レスター・シティから移籍金8000万ポンド(当時約103億円)というDF史上最高額でマンチェスター・Uに加入した。しかし、ファン・デル・ファールト氏は「彼は何かをすることはできるけど、彼にそんなに価値があるなら、(フィルヒル・)ファン・ダイクは3億ポンド(同約386億円)の価値があるよ」とキッパリ。

 リバプールの欧州CL制覇に貢献するだけでなく、DFとして初めてUEFA年間最優秀選手賞を受賞した同郷DFの価値は、マグワイアの3倍以上だと主張している。

「日曜の午後にアマチュアのプレーを見に行ったら、彼(マグワイア)のレベルにいる選手を3人は簡単に見つけることができるよ。少し馬鹿げているかもしれないけど、本当にそう思う」

最終更新:10/22(火) 14:53
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事