ここから本文です

「私用に使ったのは一部で残りは少年のために使った」未成年後見人が土地などを無断売却 財産1300万円着服か

10/23(水) 20:05配信

UTYテレビ山梨

UTYテレビ山梨

当時中学生の未成年後見人に選ばれた親族の男が管理を任された土地などを無断で売却し現金1300万円余りを着服したとして10月23日、逮捕されました。
業務上横領の疑いで逮捕されたのは、山梨県韮崎市龍岡町下條東割の会社員、横森聡容疑者39歳です。
警察によりますと横森容疑者は2012年8月、母親が亡くなった親族で当時、男子中学生の未成年後見人となり一緒に暮らしていました。
その3年後の2015年8月管理を任されていた土地や家屋を無断で売却し、代金の現金1300万円余りを着服した疑いがもたれています。
警察の調べに横森容疑者は「私用に使ったのは一部で残りは少年のために使った」などと供述しているということです。




[UTYテレビ山梨]

UTYテレビ山梨

最終更新:10/23(水) 20:11
UTYテレビ山梨

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ