ここから本文です

車椅子バスケにチャレンジ 富大附属小で日本代表と体験教室

10/23(水) 16:30配信

北日本新聞

 車椅子バスケットボールの体験教室が23日、富山大附属小学校であり、6年生35人が日本代表の岩井孝義選手ら県車椅子バスケットボールクラブ(WBC)の選手と一緒に汗を流し、障害者スポーツを楽しんだ。

 岩井選手のほか、高田淳一、安田武志、円山真一の3選手が参加。児童は車椅子に座り、方向転換のこつやボールの拾い方などを教わった。試合では車椅子をぶつけ合いながらシュートを決めていた。

 体験教室は人権や障害などの違いを理解し、認め合う意識を身に付けてもらおうと同校PTAが企画し、富山地方法務局と県人権擁護委員連合会が開催した。

最終更新:11/7(木) 15:45
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事