ここから本文です

神谷浩史「斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編」爆笑展開&早口に太鼓判 麻生周一の結婚も祝福

10/23(水) 17:30配信

映画.com

 [映画.com ニュース] Netflixによる「アニメラインナップ発表会2019-2020」が10月23日、秋葉原UDXシアターで開催された。トークコーナーには、「斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編」主演の神谷浩史、「Levius」で主演を務め、「斉木楠雄のΨ難」にも出演する島崎信長が登壇した。

 麻生周一氏によるギャグ漫画が原作の「斉木楠雄のΨ難」は、2016年7~12月にテレビアニメ1期、18年1~6月に2期、18年12月に年末特番として「完結編」が放送された。Netflixオリジナルの新シリーズとなる「Ψ始動編」は12月30日から全6話で独占配信されることが決まり、本予告&新ビジュアルが公開。神谷は「まだアニメ化されてない原作のエピソードを集めてきて、今回それをまとめて全6話という形で作らせていただけると決まって、『そんな幸せな作品ある!?』と。ものすごく驚いたし、うれしかったですね」と喜びを口にする。

 だがアフレコの話題になると、神谷は「大変ですよね」と苦笑い。本シリーズといえば短い尺のなかに膨大なセリフ量を収めるため、キャストは早口で話すことが求められ、モノローグの多い楠雄役の神谷は特に負担が大きい。今作も回を追うごとにスピードが上がるそうで、神谷は「最終回と第1話でスピードがまったく違ってびっくりしますよ。別のアニメみたい(笑)」と言い、「最終回まで見た後に1話に戻ると、『こんなに遅かったっけ?』という風に、スピードラーニングみたいになってますから(笑)」とこぼしながらも、「爆笑まちがいなしですよ。猛烈に悔しいですが」と太鼓判を押していた。

 また、原作者の麻生氏が本シリーズの主題歌を担当したアイドルグループ「でんぱ組.inc」の古川未鈴と結婚した話題が上がると、神谷は「びっくりじゃないですか」「何やってるんだよという話ですよね」といじりつつ、結婚を祝福。同グループが出演したジャンプフェスタのステージに麻生氏も来ていたことを明かし、「だから僕らは出会いに立ち会ってますよね。(同グループと麻生氏が)初めましての挨拶をしている場に僕らもいましたよね」(島崎)、「そうそう。『今日、麻生先生来てるんだ。でんぱ組いるからだね』って(笑)」(神谷)とぶっちゃけていた。

 「亜人」の瀬下寛之総監督、井手恵介監督、ポリゴン・ピクチュアズが、中田春彌氏のスチームパンク格闘漫画をアニメ化する「Levius」は、11月28日から配信されることが決定。本予告(https://www.youtube.com/watch?v=mea4naWOOcs)が公開されると、島崎は「ジャブの応酬からはじまったり、もっとスピーディで、すごいスピードで動き回っている」「試合を見ているような気持ちになると同時に、キャラクターに感情移入する場面やドラマもすごくある。戦いに魅せられ、そこで生まれるドラマにも感動できる」と熱弁をふるっていた。

 イベントではこのほか、「攻殻機動隊 SAC_2045」「エデン」の新映像、「オルタード・カーボン:リスリーブド」「虫籠のカガステル」の新場面写真などが公開された。

最終更新:10/23(水) 17:30
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事