ここから本文です

IoT機器のライフサイクル管理プラットフォームがLinuxに対応

10/23(水) 14:10配信

MONOist

 サイバートラストは2019年10月3日、IoT(モノのインターネット)機器の製造から廃棄にわたって安全にライフサイクルを管理する「セキュアIoTプラットフォーム」が、Linuxに対応したと発表した。また同日、同プラットフォーム評価用のLinux対応ソフトウェア開発キットの提供を開始した。

 今回、Linuxに対応したことで、同プラットフォームのトラストアンカー(信頼の起点)となるキーを、ハードウェアの半導体チップに加え、Linuxのファイルシステム上にも暗号化して保存できるようになった。

 また、Linux対応のSoCやマイクロコントローラー上で、セキュアIoTプラットフォームが利用可能になった。他に、セキュリティチップを搭載していない機器においても、ソフトウェアのセキュアな更新、なりすましや改ざん防止など、同プラットフォームのセキュリティ対策機能が利用できる。

 同社は今後、Linux対応に続いて、セキュアIoTプラットフォームに対応する半導体チップの拡充を図る。

MONOist

最終更新:10/23(水) 14:10
MONOist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ