ここから本文です

【JRA】アエロリット戸崎騎手「パワーとスピードを兼ね備えている」/天皇賞秋共同会見

10/23(水) 16:16配信

netkeiba.com

 ウッドチップコースで単走の最終追い切りを消化したアエロリット(牝5・美浦・菊沢隆徳)。菊沢調教師と戸崎圭太騎手が共同記者会見に臨んだ。

■菊沢調教師

(調教師自ら騎乗した今日の追い切りについて)
「6ハロン過ぎて徐々に速度を上げて、直線で気持ち良く走らせるようなイメージでしたが、思いのほかイメージ通りの追い切りができました。前走(毎日王冠・GII・2着)乗った津村君が、3コーナーでガチっとハミを取ったというので、その辺は少し穏やかに走らせて、直線に向いてギアが変わるようなイメージで調教しました。先週の稽古でもそういうことを意識していましたし、新しくなった美浦のウッドチップコースは左回りも使えるようになりましたので、とても効果的な稽古ができています」

(感触としては出来具合は何パーセントくらい?)
「ついこの間毎日王冠に出走しましたので、その後のダメージがどうなのかが1番心配だったのですが、思いのほか良くて、今日こういう稽古ができたということでわかってもらえればと思っています」

(安田記念、毎日王冠と2着続きも内容のあるレースをしてきたと思うが?)
「一生懸命ファイトしてくれていますし、満足です」

(今回も逃げる?)
「こればっかりは競馬なのでスタート次第になると思いますけど、前めにはいると思います」

(この馬が展開のカギを握っている?)
「相手もたくさんいて皆それぞれの競馬をするでしょうし、アエロリットはアエロリットで戸崎ジョッキーがうまく導いてくれると思っています」

(戸崎騎手とは作戦を話した?)
「僕の仕事は終わったのであとは頼むねと(笑)。(戸崎騎手は)お願いしますと言っていました」

(東京2000mについては?)
「間違いなく東京コースは向いていると思います。距離に関してはやってみないとわかりませんし、リズムが1番大事だと思います」

(超豪華メンバーが揃ったが?)
「本当にビックリするくらい豪華なのですが、それに参加させていただくだけでもありがたいことですし、アエロリットには感謝しております」

(レースに関して何かイメージは?)
「細かくは考えていないですし、万全な状態で出したいという気持ちです」

(2着続きだが、勝つための方策は何か考えている?)
「これだけ一生懸命走っていますし、アエロリットが健康で走ってもらえれば良いと思っていますので、考えていません」

(特に意識している馬は?)
「いえ特に…。自分の競馬をするだけだと思います」

(最後にファンにメッセージを)
「東京競馬場で一生懸命走っていて結果がもう少しのところまで来ています。天皇賞で良い結果を出せるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします」


■戸崎騎手

(今朝の追い切りについて厩舎サイドと何か話は?)
「僕は追い切りには跨ったことはないので、任せています」

(この馬にはどのようなイメージを?)
「女の子ですけど、パワーとスピードを兼ね備えていて渋太いというイメージですね」

(2走前の安田記念は戸崎騎手の絶妙なペースで逃げ粘っての2着だったが?)
「馬はとても良く感じましたし、ある程度自分のリズムで行けたと思います。負けてしまったので、どうにかならなかったかなとは思いますけど、毎回良く走ってくれる馬だなという感じですね」

(その時の2着を踏まえて、今回勝つためにはどのような工夫を?)
「距離がいつもよりも少し延びますのでその辺がポイントというかカギになると思いますが、この馬の1番良い走りをさせたいと考えていますので、リズム良く走らせたいですね」

(距離は少し長い感じがする?)
「長くなりますけど、別に苦にしないと思いますけどね」

(今回も逃げる?)
「まあ逃げるというよりは、この馬のペースで。形的に前の方にはなると思うのですけどね」

(逃げ馬が他にいた場合は番手でも?)
「そうですね、競馬はそれでもできると思います。あとは枠順の並びとか出方もあると思うので、その辺で考えていきたいと思います」

(東京2000mのポイントは?)
「東京2000mはすぐカーブが来ますので、そこでごちゃつかないようにしたいですし、そこを気をつけたいと思っています」

(展開のカギを握っている感じがするが、そのあたりは意識をしている?)
「十分それは感じていますが、いろいろ考えるのは枠順が出てからだと思います」

(豪華メンバーだが、その中で怖い相手は?)
「強い馬たちが集まって盛り上がることと思います。アーモンドアイやサートゥルナーリアは本当に強いので、胸を借りるつもりでこちらは挑戦したいです」

(その中でも勝機はある?)
「そうですね、はい」

(豪華メンバーの中での戦い方はまた違ってくるか、それともいつもと同じような戦い方に?)
「僕はいつもと同じ臨み方でいこうと思っています」

(アーモンドアイにはシンザン記念(GIII・1着)の時に乗っているが?)
「本当に強いというイメージですね。僕が乗せてもらった時は雨馬場で、ゲートも遅れました。その中で1頭だけ違う脚だったので、本当に強いという競馬でした」

(乗った経験からアーモンドアイをどうしたら負かせるかというイメージは持っている?)
「そういうのを持って、レースを組み立てていきたいなと思っています」

(最後にファンにメッセージを)
「今年の天皇賞はたくさん良い馬が揃って盛り上がることと思います。是非競馬場に来て応援していただけたらなと思います。アエロリットも胸を借りるつもりで精一杯戦っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

(取材・文:佐々木祥恵)

最終更新:10/23(水) 19:07
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事