ここから本文です

谷佳知氏 坂本勇はもっとコンパクトなスイングを 苦しむ巨人…カギは打線の奮起

10/23(水) 9:00配信

デイリースポーツ

 「日本シリーズ・第3戦、巨人2-6ソフトバンク」(22日、東京ドーム)

 ホームグラウンドに戻っても、負の流れを止められなかった。巨人投手陣がタカ打線の破壊力に屈して3連敗。日本一へ王手をかけられ、崖っぷちに立たされた。

  ◇  ◇

 ソフトバンクの各打者はボールの見極めがよく、堂々としているというか、余裕があるように見えたし、それぞれの選手が自分のやるべきことをしっかりやっていた。投手陣もバンデンハークは4回で降りたが、しっかり試合を作ったし、救援陣も役割を果たした。

 対して巨人はいいところがなかった。シーズン中の強さが出ていないのだが、その原因の一つは坂本勇、丸だろう。やはりこの2人が打たないと得点力が上がらない。

 特にこの日の坂本勇は3連続三振を喫していたが、大振りが目立った印象だ。先発のバンデンハークは背が高く、球が150キロ中盤と速い。そのためポイントを前に置いて、球威に負けないように思い切り振ろうとしていた。だが結果的にソフトバンクのバッテリーに裏をかかれて変化球で攻められた。

 対戦する回数が少ない投手だけに、思うように打席に入っていけないのは分かる。ただ、そういう投手を打ち崩すには、もっとコンパクトなスイングを心掛けないといけない。坂本勇、丸が出塁して4、5番の一発でかえす。この巨人らしい流れを作らないと第4戦も厳しいだろう。

 巨人はエースの菅野が先発する。試合は作ってくれるはずなので、何とか打線に奮起してもらいたい。(デイリースポーツ評論家・谷佳知)

最終更新:10/23(水) 10:12
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事