ここから本文です

空気入れなくていいし錆びるチェーンとはさようなら。エアレスタイヤ自転車のコンセプトモデル、このまま売ってほしい #TMS2019

10/23(水) 22:30配信

ギズモード・ジャパン

あ、いい感じ(モーター要素ないけど)。

東京モーターショー2019でブリヂストンがエアレスタイヤ「Air Free Concept」をアセンブルしたコンセプトバイクの新型を展示していました。以前もコンセプトの展示があったのですが、今風にまとまっててふつうにこのまま売ってよ!と思いました。

【全画像をみる】空気入れなくていいし錆びるチェーンとはさようなら。エアレスタイヤ自転車のコンセプトモデル、このまま売ってほしい #TMS2019

まず、エアレスタイヤを履いています。空気を入れる必要なし、パンクもしません。エアレスタイヤのフィンの部分は、たわむことで路面からの衝撃をやわらげるためにこの形状なのだそうです。今回の展示ではアスファルトのうえなど、実走に近い場所で乗ることはできませんでしたが、ブリヂストンの方によると「ママチャリなどのタイヤに近い乗り味になっています」とのこと。

また、このコンセプトバイク、ベルトドライブを採用しています。自転車の駆動部は一般にチェーンですが、駐輪場に置いてると錆びる錆びる。定期的に注油しないといけませんけど、まーサボっちゃいますよねぇ。ベルトドライブだと駆動部の手入れの手間がなくなります。ラフにふだん使いしたい自転車にはありがたい限り。

さらに、ブレーキも現代的なものに変わりました。近年はスポーツ系の自転車を中心に、バイクなどで使われているディスクブレーキの導入が進んでいます。このコンセプトバイクもディスクブレーキになっています。

市販時にこの仕様かはわからない(全部価格上乗せ要素なので)ということでしたが、タイヤに空気を入れなくていいし、チェーンもメンテフリー、デザインも今風でいい感じ。

Air Free Conceptを搭載した自転車が2020年の東京オリンピックの選手村に提供される予定です。 一般向け製品への採用はその後でしょうかね。楽しみに待ってますよ~。

Source: 東京モーターショー

かみやまたくみ

最終更新:10/23(水) 22:30
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事