ここから本文です

【JRA】サートゥルナーリア鞍上スミヨン「自信はたっぷりあります」/天皇賞秋共同会見

10/23(水) 21:08配信

netkeiba.com

■サートゥルナーリアに騎乗予定のスミヨン騎手

――今朝、初めて騎乗されての印象は?
スミヨン 表現が難しいですが、サートゥルナーリアのような馬に乗れることをすごく光栄に思います。実際に乗ってみると、特にこちらから言うこともなく、自ら走っていたように思います。ほぼ完璧な状態で出来上がっていて、こちらから特に言うことはなかったです。とても扱いやすい馬で、落ちついており堂々としています。

 これからジャパンカップや有馬記念といった大きなターゲットとなるレースもありますので、今の段階であまり強く負荷をかけるのもよくない。今日は様子をみただけですが、それでも最後の直線ではサートゥルナーリア自身がとても闘争心をみせていました。今日はもう少し速くいけたのですが、天皇賞で本気を出してもらうために少し抑え目に走っていました。

――仕上がりはどのように感じましたか?
スミヨン これまで乗ったことがないのでわからないところもあるのですが、サートゥルナーリアに乗って2つ気付いたことがありました。ひとつは今まで乗った中でもすごく良い馬だったということ。もうひとつは、調教ではこちらから特に負荷をかけなくても彼自身が心地よいスピードで走っていたことです。

――これまでのレースを見ていますか?
スミヨン はい。日本ダービーは勝てなかったのはよくわかりませんが、すごくいい馬ですね。これからの伸びしろもすごくあると感じています。

――古馬との対決になりますが?
スミヨン 若いというのはアドバンテージだと考えています。どんなスポーツでも経験は必要ですが、私は騎乗馬を選ぶ時に若いほうの馬を選んでいます。

――アーモンドアイとの対決は?
スミヨン どの馬にもチャンスがあると思います。その中でアーモンドアイはドバイで結果を出しているように世界的にもいい馬だと思っています。アーモンドアイは休み明けですが、すごくいい状態だと思っています。ファンの皆さんにレースをショーとしてみせるには同じレベルの馬がたくさん揃わなければいけません。サッカーやボクシングのように。そのほうがファンの皆さんに喜んでもらえると思います。

――東京芝2000mのポイントは?
スミヨン スタートが独特ですね。ゲートを出たあとにすぐコーナーがありますから。1から8番の枠は有利だと思います。もし、それより外であればポジションを取るのに少し下がらなければならない。コーナーでは前にいるほうが有利だと思います。

――となると、枠順で勝つチャンスは変わってきますか?
スミヨン 私は18番枠でも勝てる自信はあります。何故なら、前回の天皇賞でも勝っていますから。

――自信はありますか?
スミヨン 傲慢だとは感じないでいただきたいのですが、表情に出ているとおり自信はたっぷりあります。サートゥルナーリアも今朝、同じような顔をしていました。

――最後に日本で騎乗することへの想いを。
スミヨン このように日本へ戻ってくることができました。多くのファンの皆さんからインターネットを通じて私に日本で騎乗して欲しいというコメントをたくさんいただきました。以前、日本で騎乗していた時は、自分も少し若かったのでミスもあったかもしれません。特にジャパンカップを負けたこと(2010年、ブエナビスタに騎乗して1位入線も2着に降着)が私の中でしこりとして残っていたので、少し時間が必要でした。

 16歳の時から世界の大きなレースで勝ちたいというのが私の夢でしたが、その夢がまたひとつ叶おうとしています。そして、海外でも日本の馬に乗ってレースをしていきたいですね。

(取材・文:花岡貴子)

最終更新:10/23(水) 21:08
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい