ここから本文です

KIM YONGSEOKら出演「ハムレット」開幕、演出の藤間勘十郎「“かぶく”精神で」

10/23(水) 13:52配信

ステージナタリー

CROSS GENEのKIM YONGSEOK(キム・ヨンソク)主演の音楽劇「ハムレット」が、昨日10月22日に東京・東京芸術センター 天空劇場で開幕した。

【写真】音楽劇「ハムレット」より。(メディアギャラリー他2件)

上演台本を戸部和久、演出を藤間勘十郎が手がける本作には、ハムレット役のYONGSEOKをはじめ、ホレーシオ役の大橋典之、レアティーズ役の野島直人、オフィーリア役の栗原沙也加、クローディアス役の根本正勝、ポローニアスと墓掘り役のルー大柴、そしてガートルード役の北翔海莉の7名がキャスティングされた。

劇中では早替えや見得、ツケなど歌舞伎の要素を交えて物語が展開。演出の勘十郎は、「シェイクスピアが好きな方には『これはハムレットですか?』と思われるような作品になったかもしれませんが、歌舞伎の“かぶく”精神で作ったつもりです」とコメント。「素晴らしいアクター、アクトレスたち」と共演者に信頼を寄せたルーは、「皆さんとトゥギャザーできて本当に楽しい。初日を迎えることができ、ハッピーです」と胸の内を明かした。

初めて母親役に挑むという北翔は、勘十郎が演出を務めることに触れつつ、「今回はほかの人には表現できない『ハムレット』になると、稽古前から自信がありました。ご宗家(勘十郎)の思いを舞台で表現できれば」と意気込みを述べる。さらに主演のYONGSEOKは、早替えやバルコニーでの歌唱を見どころに挙げながら、「千秋楽まで全力で駆け抜けたいと思います。最後まで応援よろしくお願いします」とファンにメッセージを送った。

上演時間は休憩なしの約2時間。公演は10月25日まで。

■ 音楽劇「ハムレット」
2019年10月22日(火・祝)~25日(金)
東京都 東京芸術センター 天空劇場

作:ウィリアム・シェイクスピア
上演台本:戸部和久
演出:藤間勘十郎
音楽:橋本賢悟

□ キャスト
ハムレット:KIM YONGSEOK(CROSS GENE)
ホレーシオ:大橋典之
レアティーズ:野島直人
オフィーリア:栗原沙也加
クローディアス:根本正勝

ポローニアス&墓掘り:ルー大柴

ガートルード:北翔海莉

(c)2019 ArtistJapan

最終更新:10/23(水) 13:52
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事