ここから本文です

250cc4気筒エンジン、完全新規設計のニンジャ! カワサキ「Ninja ZX-25R」を東京モーターショーで発表

10/23(水) 16:49配信

ねとらぼ

 川崎重工業は2019年10月23日、東京ビッグサイトで開催されている「東京モーターショー2019」にて、人気シリーズ「ニンジャ(Ninja 250)」の最新モデルを発表。一部スペックと実車を公開しました。

【写真】完全新規設計の4気筒エンジンを搭載した「Ninja ZX-25R」

 カワサキの代名詞的な存在であるニンジャの最新モデルは「ZX-25R」と名付けられ、250cc並列4気筒エンジンを搭載。ハイテンスチールと軽量トレリスフレームに、250ccクラスでは初採用となるフロントサスペンションシステム「SFF-BP」を搭載します。

 リアサスペンションにホリゾンタルバックリンク、フロントブレーキはシングルディスク ラジアルマウントモノブロックキャリパーを使用して、「KTRC(カワサキトラクションコントロール)」「KQS(カワサキクイックシフター)」「パワーモード」といったライダーサポート技術も搭載されています。

 新型ニンジャに搭載される高回転エンジンには排気系チューニングが施されており、ライダーは「鋭く官能的なエンジンサウンド」を体感できるそうです。発売時期や価格、より詳細なスペックなどは不明となっており、カラーバリエーションは現時点で「ライムグリーン×エボニー」のみとなっています。

 また、新型ニンジャの発表とあわせて、スーパーネイキッドZシリーズの新しいフラッグシップモデル「Z H2」も公開されています。こちらは1000ccクラスの大型2輪となっており、水冷タイプのスーパーチャージャーつき並列4気筒エンジンを搭載。Z H2専用のセッティングが施され、低中速域でもスムーズな加速感を実現して、市街地でも軽快な走り心地を実現しています。もちろん、大型バイクならではのパワフルさも楽しめます。

 新型ニンジャ同様に新設計のトレリスフレームとSFF-BPを採用。スーパーチャージャーのエアインテークダクトを活かした左右非対称デザインが特徴で、フルカラーTFT液晶のインストゥルメントパネルなど、電子機器も最新のシステムが搭載されます。

ねとらぼ

最終更新:10/23(水) 16:49
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ