ここから本文です

ラグビー日本代表、秩父宮で8強ファン感謝会 W杯後“聖地”で再結集へ

10/24(木) 6:06配信

スポーツ報知

 ラグビーW杯で史上初8強を達成した「ジョセフ・ジャパン」が再結集してファン感謝会を行うことが23日、分かった。W杯閉幕(11月2日)以降に実施する方向で検討に入り、開催時期や会場など詳細を詰める。関係者によれば、日本協会の森重隆会長(67)が、応援してもらった全国各地のファンに対して感謝を捧げる場を設けなくてはならないとする意向を示しているという。

【写真】女子高生グラドルがラグビーに挑戦!

 20日の準々決勝で南アフリカ代表に敗れて、終戦したジョセフ・ジャパンは翌21日に都内で総括会見を行った後に解散した。大会規定で終戦チームは48時間以内に解散しなくてはならない決まりになっており、解散後は主将のリーチ・マイケル(31)=東芝=ら31人の桜の戦士たちは各所属チームに戻った。歴史的3勝を挙げて注目を浴びた前回15年イングランド大会も解散後には表立った感謝会などは行わなかった。

 W杯開幕前の9月7日には秩父宮ラグビー場で初めて大々的にW杯決起会&壮行式を有料で実施した。約5000人のファンが詰めかけ、サプライズで「ONE TEAM」の人文字を作って、桜の戦士たちに力水をつけるたくさんの心強いエールが送られた。集まったファンに向け、リーチからも熱いメッセージが入った手紙を贈り、応援を呼びかけた。

 お笑いタレント・松本人志似で金髪頭の中島イシレリ(30)=神戸製鋼=や“絶対笑わない男”こと稲垣啓太(29)=パナソニック=らが大ブレイク。歴史的8強だけでなく選手の個性的な人柄も注目され、これまで以上にラグビー人気が急上昇した。感謝会は試合会場で観戦できなかったファンにとっては直接、桜の戦士に会える貴重な場。関係者によると秩父宮での開催がふさわしいとの意見は多く、日本ラグビーの“聖地”で行われることになりそうだ。

 ◆他競技におけるファンとの祝賀会

 ▼プロ野球 優勝チームが行うパレードが一般的。12年に史上初の5冠(リーグ制覇、日本一、交流戦、クライマックスシリーズ、アジアシリーズ)を達成した巨人は、同年11月25日に日本橋~銀座8丁目の約2・3キロを移動し、過去最多となる38万人のファンが集結。

 ▼サッカー 昨季、鹿島がACLを初制覇。通算20冠目の節目のタイトルだったため、地元の茨城・鹿嶋市でパレードや優勝報告会を開催。鹿島神宮などを訪れ、1万2000人が活躍をねぎらった。

 ▼バスケットボール 16年秋に発足したBリーグでは、栃木が初代王者に。17年6月に栃木県庁から宇都宮市役所までの約1キロの道のりをパレード。ファンら3万人が詰めかけた。

最終更新:10/24(木) 8:02
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事