ここから本文です

ラグビー日本代表、躍進の理由に“スクラム教授”の理論も…ブームを一過性のものにしないためには?

10/23(水) 9:42配信

AbemaTIMES

 自国開催のラグビーワールドカップで歴史的な快進撃を見せ、ベスト8という成績を残した日本代表。記者会見での選手たちの言葉には達成感が滲み、4年後の次回大会に向け、さらなる飛躍を誓っていた。

【映像】ラグビー日本代表会見ダイジェスト

 元日本代表選手で、今大会のアンバサダーを務める伊藤剛臣氏は「ラグビー界に30年以上いるが、日本全体がこれだけラグビー・フィーバーになっているのが未だに信じられない。僕は2度出場したが1度も勝てなかったし、堀江翔太選手が2011年ニュージーランド大会終了後に帰国したとき、記者が2、3人しか来なかったと言っていたが、僕らの時代は本当に
そうだった。視聴率も、行って5%くらいだったのが、今回のスコットランド戦では50%を超えた。本当に現実か」と感慨深げに振り返る。

 日本代表の全試合を取材したノンフィクションライターの石戸諭氏は「ラグビーは実力差が点差に反映するスポーツ。2003年大会では同組だったフランスとスコットランドに対し、はっきり言って手も足も出ない状況だった。それが今回は強かった。スコットランド戦やアイルランド戦も完勝だった」と話す。

■目覚ましい進化を遂げた4年間

 躍進の理由について伊藤氏は、「やはり2015年からワールドカップでオーストラリアを準優勝させた実績のあるエディー・ジョーンズさんや、世界最高峰のプロ・リーグであるスーパーラグビーで優勝させた実績があるジェイミー・ジョセフさんという世界的な指導者が来てくれたこと。また、外国出身選手たちがチーム強化に役立っている」と説明。

 「前回大会では世界一の練習量を積み、得意なスピードのある連続攻撃を見せ、ボールをキープしながら戦っていた。今回は流行りのオフロードパスやキックパスを取り入れた。これらはフィジカルが強く、前に行く推進力がないと難しいが、決まればトライになりやすい。ミスも多いが、そこにチャレンジし続けた。ジェイミー・ジョセフさんは“ミスを恐れることがミスだ”という精神の人で、選手の中には拒否反応もあったらしいが、挑戦し続けた。ディフェンスでもダブルタックルで相手を後退させたし、ターンオーバーもできていた。また、フォワードのセットプレーも安定していた。ラグビーは陣取りゲームなので、常にボール争奪戦が行われる。その象徴がスクラムだ。僕らの時代は世界の強豪が相手でも後半20分までは頑張れた。しかしスクラムが劣勢なので、ゲームを支配されてしまい、後半20分からやられてしまっていた。その点が2015年から今年にかけて安定した。だからゲームがマネジメントできる」。

 実際、日本のセットプレー成功数は、スクラムが30回中28回で約93.3%成功。ラインアウトが54回中48回で約88.9%成功というデータがある。

 「僕の同期で、“スクラム教授”と呼ばれている長谷川慎フォワード・コーチが、8人で組むスクラムを徹底した。僕らの頃は、“どうせ押されるなら、組んですぐボールを出す”といった方法だった。そこを長谷川さんは日本人に合った角度だったり、足の位置だったりの細かい所を突き詰めて、8人全体で押すというスクラムを作り上げた。本当に今回の決勝トーナメント進出の立役者だ。まさに頭脳戦で、細かなディテールが100ページくらいあるという。まさに日本独自のスクラムを作り上げた」

 石戸氏も「足の角度なども含め、どうやったら力が全体で伝わるかという組み方を科学的に解明することをやっていて、論文も何本か出ている。ディテールを突き詰めるとスクラムは勝てるということを証明した。相当すごいことだ」と絶賛した。

1/3ページ

最終更新:10/23(水) 9:42
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事