ここから本文です

【動画解説】西・東日本 25日にかけて大雨のおそれも 24日小笠原は台風に厳重警戒

10/23(水) 14:08配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 台風21号があす24日(木)に最も接近する小笠原諸島では、暴風や高波に厳重に警戒して下さい。その後、本州への台風の影響はほとんどありませんが、西から天気は下り坂へと向かいます。西・東日本では低気圧の影響で雨脚が強まり、低気圧の発達具合によっては大雨となるおそれがあります。
 特に、先日の台風で被害のあった地域では、引き続き少しの雨でも土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに注意・警戒をして下さい。

 台風21号は、あす24日(木)朝から昼過ぎにかけて非常に強い勢力で小笠原諸島に最も接近する見込みです。あす24日(木)までに予想される最大瞬間風速は70メートルとなっています。
 建物に影響がでてもおかしくないような猛烈な風が吹く見込みです。暴風や高波に厳重に警戒するともに、大雨にも注意・警戒して下さい。
 その後台風は、日本列島を離れながら北東方向へと進んでいく見込みで、本州に大きな影響はほとんどなさそうです。
 ただ、その他の地域も、低気圧や湿った空気の影響で天気は下り坂です。あす24日(木)は、西日本の広い範囲で雨となって雨脚が強まります。
 雷を伴った激しい雨が降り、四国では1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降って、活発な雨雲が流れ込む見込みです。風の強まるところもありそうです。
 その後、あさって25日(金)は東日本にも雨の範囲が広がり、東北も雨が降り出すでしょう。局地的に雨脚が強まり、大雨となるおそれもあります。
 先日、台風の被害を受けた東日本や東北にかけて、再び雨の範囲が広がります。
 少しの雨でも引き続き、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水等に注意・警戒をお願いします。
(気象予報士・堀栄子)

最終更新:10/23(水) 14:08
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事