ここから本文です

台風21号 小笠原で記録的暴風のおそれ 西・東日本は25日(金)にかけて雨強まる

10/23(水) 17:26配信

ウェザーマップ

 非常に強い台風21号は、24日(木)明け方から昼前にかけて、小笠原諸島にかなり接近する見込み。小笠原諸島では記録的な暴風が吹くおそれがあり、猛烈なしけとなる予想だ。暴風や、うねりを伴った高波に厳重に警戒すると共に、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要となる。

 23日午後3時、台風は小笠原近海にあり、1時間におよそ25キロの速さで北北西に進んでいる。中心の気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。
 台風はこのあとも非常に強い勢力を維持して、24日(木)明け方から昼前にかけて、小笠原諸島にかなり接近する見込み。

暴風・高波・高潮

 台風の接近に伴い、小笠原諸島では24日は明け方から昼過ぎにかけて猛烈な風が吹き、記録的な暴風となるおそれがある。海は猛烈なしけとなり、24日は高潮のおそれもある。
 暴風や、うねりを伴った高波に厳重な警戒が必要だ。また、台風の北上に伴い、東日本から西日本の太平洋側では、24日から台風によるうねりが入り、波が次第に高くなってしけとなる所がある見込み。25日(金)から26日(土)は、東日本の太平洋側で警報級の高波になる可能性がある。

大雨

 小笠原諸島では、台風の接近に伴い、24日は雷を伴い非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがある。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒すると共に、落雷や突風にも注意が必要だ。

低気圧による大雨

 本州付近は台風21号の直接の影響はほとんどないが、西・東日本では低気圧の影響で大気の状態が非常に不安定となり、局地的に雨雲が発達する見込み。
 特に24日は西日本の太平洋側を中心に、雷を伴い1時間に50ミリの非常に激しい雨の降るおそれがあり、25日は東日本や東北南部でも発達した雨雲のかかる所がある見通し。
 台風19号による記録的な大雨により、河川堤防等が損傷を受けた地域では、普段は災害が起きないような降水量でも洪水の危険度が高まるおそれがある。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒が必要だ。

最終更新:10/23(水) 17:31
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事