ここから本文です

【連載 ズバリ!近況】「ヒーロー」を歌った麻倉未稀さんはアイドル並みの忙しさ

10/23(水) 14:57配信

ENCOUNT

 ラグビーW杯で見事、ベスト8進出を果たした日本代表。堂々たる戦いぶりに、日本中がパワーをもらった。この大会を盛り上げるのに一役も二役も買ったのが、人気学園ラグビードラマ「泣き虫先生の7年戦争 スクール☆ウォーズ」(TBS系)の主題歌「ヒーロー HOLDING OUT FOR A HERO」を歌った麻倉未稀さん(59)だ。麻倉さんも夢中で応援したという。

【写真】伝説のジャケット写真

ラグビーW杯日本戦を全試合観戦

 20日の南アフリカ戦は自宅のテレビで主人と一緒に見ました。昼間、主人の実家に出かけていたので、リアルタイムで見たくて慌てて帰ってきて。結果は残念でしたけど、日本代表はよくがんばってくれました。南アフリカは強いうえに、日本をすっごく研究してるな、と感じました。その彼らでも最初は守るのが精一杯でしたよね。日本は最後まで諦めず戦って、結果は悔しいけど、今の日本が出せる力をすべて出せたと思います。

 日本戦は全試合、観ました。お仕事とかがあって、すべてリアルタイムとはいきませんでしたけど。アイルランド戦はイベントと重なっちゃったんですけど、私がイベントで「ヒーロー」を歌った隣のホールでたまたまパブリックビューイングをしていて。イベント終了後にアイルランド戦見たさに駆けつけたら、飛び入りでトークに参加することになりました(笑)。

「こんなに長く愛される歌をいただけるなんて」

 スコットランド戦の前日にも朝の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)で「ヒーロー」を歌わせていただきました。「スクール☆ウォーズ」は34、35年も前のドラマなのに、その主題歌の「ヒーロー」はラグビーをやっている方達の間で聞き継がれ、最近はラグビーをやっている孫を持つおばあちゃんに「孫が練習に出かける前にいつも聞いています」と教えていただくことも。こんなに長く愛される歌をいただけるなんて、奇跡のよう。歌手冥利に尽きます。

 私自身も「ヒーロー」を歌うことで、ラグビーとずっとつながってきました。子どもの頃は父がテレビ観戦するのを横目で見ていた程度でルールさえわかりませんでしたが、アルバムの1曲に入れる予定で歌入れまでしていた「ヒーロー」が、「スクール☆ウォーズ」の主題歌に決まり、録音し直したのを覚えています。それからときどきスタジアムに呼んでいただくようになり、W杯の日本誘致活動でも花園とかいろんなところに呼んでいただいて歌って。本当に日本開催が実現するなんてビックリ。さらに、ここまで盛り上がるとは思っていませんでした。

1/3ページ

最終更新:10/30(水) 19:29
ENCOUNT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事