ここから本文です

【連載 ズバリ!近況】「ヒーロー」を歌った麻倉未稀さんはアイドル並みの忙しさ

10/23(水) 14:57配信

ENCOUNT

「ヒーロー」を楽しく歌っていただきたい

 手術後は、最初は毎日通院し、今は3か月に1度検査を受けています。10年間、ホルモン療法を続けることになっていて、今は毎日、ホルモン剤を飲んでいます。副作用は人によってさまざま。私の場合、最初は体調の波が激しく、最近は関節のこわばりや記憶の障害でモノを無くしたり、ということがあります。

 今年のはじめ、なぜか突然、とめどもなく涙が流れたことがありました。考えてみると、大病になったのに手術の後、すぐに復帰して活動を再開したり、主治医の講演会に出かけたりと忙しくしていました。その頃、父が亡くなったので、心の整理がついていなかったんだなと思いました。それで、座禅に行ったり、病気のことを振り返ったり、生死について考えたりしました。高校時代、曹洞宗関係の学校に通っていたんです。

「ヒーロー」という曲にも助けられました。応援歌を歌っているのだから、歌っている私ががんばらないわけにはいかないな、と思うことができたんです。人生でこれまでやってきた積み重ねが、今になって役に立つんだなと思いました。

 ラグビー人気で、カラオケで「ヒーロー」を歌いたくなった方もいると思います。両足を開いて踏ん張ると、よく声が出ますよ。みなさんで楽しく歌っていただきたいですね!

□麻倉未稀(あさくらみき)1960年7月27日、大阪市生まれ。81年、「ミスティ・トワイライト」(キングレコード)でデビュー。83年の「黄昏ダンシング」「ヒーロー HOLDING OUT FOR A HERO」などがヒット。2017年4月、医療バラエティ「名医のTHE太鼓判!」(TBS系)で乳がんと判明。翌年、「ピンクリボンふじさわ」をたちあげ乳がん検診普及などにも尽力する。

中野裕子

3/3ページ

最終更新:10/30(水) 19:29
ENCOUNT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事