ここから本文です

アテーサE-TSなど“技術の日産“らしいクロスオーバーEVを発表[東京モーターショー2019]

10/23(水) 14:03配信

MOTA

ツインモーター搭載! クロスオーバーEV「アリア コンセプト」

世界初公開となるコンセプトモデルが、前後2つのモーターを備えたツインモーター4輪制御システムを採用したアリア コンセプトだ。ツインモーターを搭載したSUVと聞くと三菱 アウトランダーPHEVが思い浮かぶが、このアリア コンセプトは全く新しいプラットフォームを採用した、日産が描く電動化のビジョンを具現化したモデルとなっている。

■電動化の新しい形! 詳しい写真を画像で見る(24枚)

往年のアテーサE-TSなど日産の技術を現在風にアレンジ

ツインモーター搭載のEVであるということ以外パワートレインの詳細は不明だが、瞬時に綿密なトルクコントロールが可能な電動モーターによって高次元の発進、加速性能を実現。
さらにGT-Rに搭載されているアテーサE-TSやエクストレイルのインテリジェント4×4などの開発から得たノウハウを活かし、前後のモータートルクやステアリング、ブレーキなどを統合制御することで滑りやすい路面においても優れたトラクション性能を発揮し、ドライバーの操作に応じて最適な駆動力コントロールとブレーキ制御を行うことでドライバーの思い通りのドライビングを実現してくれるとのこと。

市販化目前? 超現実的なパッケージング

アリア コンセプトの内外装は、機能面に比べるとかなり現実的だ。ボディサイズは全長4600mm×全幅1920mm×全高1630mmと、現行のエクストレイルを幅広にして背を低くしたサイズ。どちらかというと北米などで販売されているムラーノに近いサイズと言える。
さすがに21インチホイールはショーモデルならではというところだが、クーペ的なサイドシルエットなどは現実味を帯びたデザインとなっている。一見すると現行リーフにも似たデザインにも見えるが、新型リーフを示唆するモデルではなく、あくまで日産の進む方向を示すコンセプトモデルとのことだ。

もちろんホンダ フィットアリアとは無関係

なお、余談ではあるが、アリアという名前は2002~2009年までホンダが販売していたフィットベースのコンパクトセダン「フィットアリア」に使われていたが、そちらは「ARIA」であり、こちらのコンセプトモデルは「ARIYA」と綴りが異なっている。「ARIYA」としての商標は今年の4月1日に出願されており、果たして市販車にもこの名前が使われるのかどうかも興味深いところだ。

1/2ページ

最終更新:10/23(水) 14:03
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ