ここから本文です

レクサス、ガルウィングのEVコンセプトを世界初公開【東京モーターショー2019】

10/23(水) 15:01配信

MOTA

未来を見据えたコンセプトEV

レクサスは、2019年10月25日から一般公開される第46回東京モーターショー2019において、EVのコンセプトカー「LF-30 Electrified」を世界初公開した。

■ARで星空も映る! 何もかもが未来的なコンセプトカーを見る[フォトギャラリー]

なお同社は2019年11月に初のEV発表を予定しているほか、2020年代前半でPHVやEV専用モデルを投入する予定となっている。

LF-30 Electrifiedの主な特長

今回発表したLF-30 Electrifiedは、レクサスの電動化ビジョンである「Lexus Electrified」を象徴するコンセプトカーである。デザインは、EVに期待される未来的な造形や、自動運転をはじめとする新技術を積極的に織り込んだインテリアにより、レクサス独自の世界観確立を目指した。

またパフォーマンスにおいては新テクノロジー「Lexus Advanced Posture Control」を採用。緻密なモーター制御で従来のガソリン車では不可能な高度かつ自由度の高い姿勢制御を実現した。
さらに新コンセプトのコックピットやステアバイワイヤなど、「電動化技術を用いた車両基本性能の大幅な進化」を実現するため、2030年を見据えた先進技術を数多く採用している。

未来的かつレクサスらしいデザイン

■レクサス独自のスピンドルグリルがさらに進化

インホイールモーターを動力とするEVならではの新しいデザイン表現に挑み、LF-30 Electrified独自のエネルギーフローを視覚的に表現した。具体的には、ボディ4隅のタイヤから発生したエネルギーが、キャビンに向かい、ドライバーへ流れていくようなイメージのデザインとなっている。

またボンネットのないフォルムを活かし、レクサスのデザインアイコンでもあるスピンドル形状をボディ全体のアーキテクチャとしてさらに進化させた。フロントからリアまでひと続きとなるウインドウガラスと張り出したフェンダー、翼形状のヘッドライトでスピンドルを形成。

さらに流麗なフロントから直線的でシャープなリア形状へと推移する個性的なボディ形状としたほか、翼形状のヘッドライトやリアライトおよびサイドエアインテークなど、優れた空力性能や冷却性能を意識し、機能とも融合したデザインとした。

■透過率を変化させ、プライバシーを守る

サイドウィンドウの透過率を自由に変化させることで、景観を楽しめる広い視界と夜間などにおける高いプライバシーを実現。
また通常の走行モードと自動運転モードを車両の外から識別できるよう、フロントフェイスの色や発光パターンを区別するなど、デザイン性に加えて機能性も追求している。
エクステリアカラー「Voltaic Sky」は、先進的な金属皮膜を用いて、青緑の色味を含んだ独自の質感を持たせました。

1/2ページ

最終更新:10/23(水) 15:01
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ