ここから本文です

スバルの大本命 “新型レヴォーグ” 遂に登場! 新世代アイサイト採用で発売は2020年後半か

10/23(水) 15:04配信

MOTA

初のフルモデルチェンジ

スバルは2019年10月23日、東京モーターショー(プレスデー)にて、遂に新型レヴォーグのプロトタイプをワールドプレミアした。レヴォーグは2014年のデビュー以来、これが初のフルモデルチェンジとなる。
なお、市販モデルは2020年後半に国内で発売予定となっている。

■目元がキリッとした印象に変化! 新型レヴォーグを画像で見る(16枚)

スバル 新型レヴォーグ プロトタイプのデザイン

スバルのデザインフィロソフィーである「Dynamic × Solid」を深化させ、それぞれのクルマが持つ価値をより大胆に際立たせる新デザインコンセプト「BOLDER」を採用。
新型レヴォーグ プロトタイプのデザインには、「意のままにクルマをコントロールする愉しさ」そして「今まで経験したことのない新たなアクティビティに向かって大胆にチャレンジしてほしい」という気持ちが強く込められている。

新開発の先進技術を採用

■新世代アイサイト(新開発)
広角化した新開発ステレオカメラと前後あわせて4つのレーダーによる360 ゜センシングによって、見通しの悪い交差点での出合い頭や右左折時まで、プリクラッシュブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)の作動範囲を拡大した。

■高精度マップ&ロケーター(新開発)
GPSと準天頂衛星「みちびき」を介してロケーターが自車位置を正確に特定し、高精度マップで高速道路形状をクルマが把握することで、カーブ前減速や渋滞時のハンズオフ走行支援を実現した。

■コネクティッドサービス(スバル国内初採用)
“つながる安全”として、万が一の衝突事故時にクルマから自動で緊急通報を発信。オペレーターにより消防や警察に救援を要請するとともに協力病院とも連携することで、迅速な救命活動につなげる先進の救急自動通報システムを採用した。
またドライバーが体調不良に陥るなどの緊急時には、ボタンひとつでオペレーターにつながるSOSコール機能も搭載した。

走りの質感を高めるエンジンとプラットフォーム

■1.8L 水平対向直噴ターボエンジン(新開発)
第4世代となる新開発のBOXERターボエンジンにリーン(希薄)燃焼技術を採用し、加速性能と環境性能を高次元で両立。豊かなトルクによるストレスのない質感高い走りを実現した。

■スバルGLOBAL PLATFORM × フルインナーフレーム構造
2016年発表の第5世代インプレッサから採用しているスバルGLOBAL PLATFORM(SGP)に、高剛性化に寄与する「フルインナーフレーム構造」を採用することで、SGPの大幅な進化を実現。

MOTA編集部

最終更新:10/23(水) 16:14
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ