ここから本文です

市販化秒読み!? ダイハツの“新型コンパクトSUV”はカッコ可愛かった!

10/23(水) 17:34配信

MOTA

名前は決まってのお楽しみ! ダイハツが新型車をサプライズ出展

2019年10月23日、東京モーターショー2019(プレスデー)ダイハツブースにて“新型コンパクトSUV”がサプライズ出展された。なお、まだ車両の名前は決定していない。

■内外装までばっちりチェック! ダイハツの新型SUVを画像で見る(29枚)

DNGA第2弾となる新型コンパクトSUV

今回公開されたモデルは5ナンバーサイズのAセグメントのコンパクトSUVで、ボディサイズが3995×1695×1620mm、ホイールベースは2525mm。新プラットフォーム「DNGA(Daihatsu New Grobal Architecture)」を採用している。
フルDNGAの車両としては新型タントに続く第2弾となり、軽自動車以外の小型車のDNGAプラットフォーム車両はとしては初めてのモデルとなる。
またエンジンは1リッター列3気筒(98PS/140Nm)を搭載しており、CVTを組み合わせる。

コンセプトカー「DNトレック」の市販モデル

前回の東京モーターショー2017では、同様のサイズである「DNトレック」というコンセプトカーが公開されており、今回の小型コンパクトSUVはその市販モデルだ。
FFをベースとしており、4WDシステムは電子制御式で、あくまでシティSUVという位置づけとのこと。
DNトレックを踏襲してはいるものの、デザインはよりスタイリッシュに生まれ変わった。ターゲット層は細かく絞っておらず、幅広い層に受け入れられるようなモデルとして開発されており、求めやすい価格帯になるという。

展示車は市販車とほぼ同じ仕様

今回、ダイハツブースには展示車が2台用意されており、エクステリアはボディカラー以外に大きな違いはない。
しかしインテリアについては、1台目が黒基調ファブリック内装に赤のアクセントをあしらったもので、もう1台目は落ち着いた黒の革内装のものとなり、いずれもほぼ市販車と変わらない仕様になるとのことだ。

ダイハツらしい使い勝手の良さ

現在、市場にあるコンパクトSUVとしては3ナンバーサイズが多いのに対し、本モデルは5ナンバーサイズとしている。ボディサイズはコンパクトで取り回しがよく、室内は広々とした空間づくりにするというこれまでのダイハツの理念を受け継ぐ形を目指して開発された。

荷室は使い勝手が重視されており、パンク修理キットなどを荷室のサイドに収納することでデッドスペースを極力減らし、荷室の床下にも広々としたスペースを取っている。
ライバル車にはスズキのジムニーシエラやクロスビーなどがあるが、エクステリアを見るとそれらとはまた違った、より都会的でタフな印象を受けるSUVに仕上がっている。

伊藤 梓

最終更新:10/23(水) 17:34
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事