ここから本文です

クルトワ、改めて自らの能力に自信「どんなGKかはわかっている。批判には興味がない」

10/23(水) 14:40配信

GOAL

レアル・マドリーのGKティボー・クルトワは、ガラタサライ戦の勝利に「重要な試合だったと思う」と振り返った。スペイン『モビスタープラス』が伝えている。

レアル・マドリーは22日、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節でガラタサライと対戦。トニ・クロースの決勝ゴールで1-0と勝利、今季のCLで初白星を手にした。クルトワはこのように振り返っている。

「誰もが大きなモチベーションを持ち、これが試合に懸けなければいけない強さだ。試合の終わりには25本以上のシュートを放ち、2点目を奪えなかったために苦労した」

また、今季はアルフォンス・アレオラとのポジション争いを強いられ、失点の多さから非難を浴びることも多いクルトワ。しかし、改めて自らの能力に自信を示した。

「自分自身を疑ったことはない。自分がどんなキーパーであるかを知っているし、チームメイトやコーチからの建設的な批判にしか興味がないよ」

最終更新:10/23(水) 14:40
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事