ここから本文です

孫興民2ゴールで“解任危機”ポチェッティーノ監督を救う トットナムが欧州CLで大勝

10/23(水) 20:42配信

中日スポーツ

 サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は22日、各地で1次リーグの第3戦が行われ、B組で昨季準優勝のトットナム(イングランド)は5―0でレッドスター(セルビア)に大勝し、初勝利で勝ち点を4とした。A組でガラタサライ(トルコ)の長友佑都は0―1で敗れたレアル・マドリード(スペイン)戦にフル出場した。

 トットナムは開始9分に主将でエースのケーンが頭で先制。これで勢いづくと孫興民が前半16分と44分に連続ゴールを決めた。後半も試合を支配して大勝。解任のうわさも出ているポチェッティーノ監督は「私は毎日、200%で働き、結果を出す必要がある。今日は選手たちがよくやってくれた。だが、もっと成長しなければならない」と強調した。

 昨季は欧州CLで準優勝。しかし、今季はここまで公式戦13戦で4勝しかできず、リーグカップでは4部のチームに敗れて敗退するなど低迷している。とはいえ、この日もファンは、試合中にポチェッティーノ監督の名前を連呼するなど人気は絶大。指揮官は「本当にありがたい。おそらく私たちは相思相愛だ。昨季のようにもっと彼らを楽しませたい」と復調を誓った。

最終更新:10/23(水) 20:42
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ