ここから本文です

14万円のSIMフリー「Xperia 1」登場、eスポーツやクリエイター向けの特別仕様

10/23(水) 17:00配信

BCN

 ソニーは、映像制作や写真撮影、モバイルeスポーツなどの分野での使用を想定した特別仕様の約6.5インチのスマートフォン「Xperia 1 Professional Edition」をSIMフリー端末として10月25日に発売する。注文受付は10月23日から。直販サイト「ソニーストア」や直営店の「ソニーストア 銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神」で、税別14万3000円で販売する。



 Xperia 1は、映画とほぼ同じアスペクト比の21:9のシネマワイドとHDR対応の4K(3840×1644ピクセル)有機ELディスプレイ、人や動物の目に自動でピントを合わせる「瞳AF」対応のトリプルレンズカメラを搭載するハイエンドモデルだ。BT.2020色域、10bit信号に対応。映像制作現場では、サブモニターとしても活躍しており、クリエイターの意図に忠実な色表現が可能。モバイルeスポーツの大会用公式端末にも採用されている。
 

 Professional Editionは、出荷時にディスプレイの輝度むらや色ずれを、同社のマスターモニターと同じ基準に、個体ごとに調整。撮影では、フォトグラファーの作業効率化を目指して、デジタル一眼カメラ「α」との連携機能を持つ二つのアプリをプリインストールした。

 一つは、スマートフォンへの画像転送とリモート撮影ができる「Imaging Edge Mobile」(イメージングエッジモバイル)。もう一つは、スポーツや報道などのプロフェッショナルが撮影画像を即時に納品できる「Transfer & Tagging add-on」(トランスファーアンドタッギングアドオン)だ。
 

 これまで、後者のアプリは一部のα向けに提供していたが、「Xperia 1 Professional Edition」も対応することで、同機種で撮影した画像に音声認識によるIPTCメタデータを付与するなどハンズフリーの高速キャプション入力が可能になる。

 また、バッテリの消費を抑える「ゲームモード」、ゲームプレイ中の通知や動作を制御する「フォーカス設定」、ゲームの攻略情報を検索する「サーチ」、プレイ動画やゲーム画面を撮影したいときに便利な「スクリーンショット」「レコード」といったXperia 1の機能に加え、USB Type-Cの有線LAN接続に対応することで、安定した通信環境でゲームをプレーすることができる。
 

 Xperia 1の縦長ディスプレイは、上下/左右で異なる二つのアプリを同時に操作する「2画面操作」に最適だった。Professional Editionでは、横長の端末として使うことで、写真や動画撮影のサポート、ゲームの快適なプレーに役立つ。

 スペックは、CPUが「Snapdragon 855 Mobile Platform」、メモリが6GB、ストレージが128GB、デュアルSIM/デュアルスタンバイ対応、独自のアンテナ設計技術で4x4 MIMOに対応する。画面にはGorilla Glass 6を採用。防水(IPX5/8)、防じん(IP6X)性能を備え、ハイレゾ音源再生、側面指紋センサーによるロック解除などの機能を搭載する。重さが約178gで、サイズが高さ16×幅約72×厚さ8.2mm。microSDなどを外部メモリとして使用することができる。

 なお、キャリアから発売している「Xperia 1」に搭載されているおサイフケータイやフルセグ/ワンセグは非搭載となる。

最終更新:10/23(水) 17:00
BCN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事