ここから本文です

マツダ初の量産電気自動車はSUV!「MX-30」がワールドプレミア

2019/10/23(水) 11:30配信

くるまのニュース

マツダ初の量産ピュアEVはコンパクトSUV

 マツダは2019年10月23日、「第46回東京モーターショー2019」において、「MAZDA MX-30」を参考出品車として世界初公開しました。

【画像】マツダ初のEV!新型SUV「MX-30 」 観音開きドアがカッコいい!(54枚)

 MX-30は、マツダ新世代商品の第3弾となる商品で、マツダとしては初となる量産ピュアEVです。

 デザインは、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)ーSOUL of MOTION」のもと、さらに芸術性を高めるとともに表現に広がりを持たせることに挑戦しています。美しい造形とこだわりの造りこみを基礎としながら、将来に向けた価値観の変化や新しいライフスタイルに寄り添うことを目指したといいます。

 デザインで目をひくのは、後席ドアが観音開きになる、RX-8のような「フリースタイルドア」の採用。ユーザーが自由な発想で、クルマの多彩な楽しみ方を創造できるように採用したとマツダ関係者は語ります。

 マツダらしく、EVでも変わることのない「人馬一体による走りの歓び」を追求し、新たに電動化技術「eーSKYACTIV」を採用、意のままの操作感となめらかな車両挙動を高次元に融合させ、ドライバーが自然に運転を楽しむことができる走りを実現したといいます。

 マツダ代表取締役社長CEO、丸本明氏はコメントします。

「MX-30はお客さまに創造的な時間と空間を提供します。電気自動車であってもマツダの開発哲学である人間中心の設計思想は変わりません。なめらかで自然な運転感覚による人馬一体感を実現しています

 本日、欧州において先行予約の受付を開始しました。2020年欧州のお客さまからMX-30をお届けしてまいります」

 なお、日本での導入時期は未定とのことです。

くるまのニュース編集部

最終更新:2019/10/23(水) 20:50
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事