ここから本文です

発電用エンジンにガスタービン採用! 三菱のPHEV「マイテック・コンセプト」世界初公開

10/23(水) 15:00配信

くるまのニュース

4モーター式「クワッドモーター4WD」を採用したPHEVコンセプト

 三菱は2019年10月23日、第46回東京モーターショー2019において、「MI-TECH(マイテック)コンセプト」を世界初公開しました。

三菱の技術がテンコ盛り!新プラグインハイブリッドSUV「マイテック・コンセプト」を画像で見る(30枚)

 マイテック・コンセプトは「光と風を感じながら大地を駆け抜ける電動SUV」をコンセプトとしたモデルです。

 パワートレインは、スモールサイズSUVに搭載するために、軽量/小型化した新しいプラグインハイブリッドEV(PHEV)システムを開発。発電用エンジンを従来のガソリンエンジンからガスタービンエンジンとしました。EV走行モード、およびシリーズ走行モードによって、電動車ならではのなめらかで力強い走りを実現する新たなPHEVシステムです。

 駆動方式は、クアッドモーター4WDシステムを採用。これは、モーター2基で構成する三菱の独自技術「デュアルモーターAYC」を、前輪と後輪それぞれに搭載した4モーター方式の電動4WDシステムで、4輪すべてに最適な駆動力を伝えることを可能にしています。日常では安心・安全な操縦性を実現、オフロードでは圧倒的な走破性を発揮します。

 また、先進の光センサーを用いたセンシング技術により検知したさまざまな情報を、 フロントのARウインドウシールドに映し出す「ヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)」を搭載。ドライバーに的確な注意喚起をおこなうとともに、ステアリングおよびブレーキ操作をサポートする「MIーPILOT」、衝突被害を回避または軽減する予防安全技術により、ドライバーに安心・安全、そして運転する歓びを提供するといいます。

 三菱代表執行役CEO、加藤隆雄氏はこうコメントします。

「三菱は、ルノー日産アライアンスの一員として、電動化技術、PHEVカテゴリーをリードし、さらなるバリエーションの形を追求していきます。

 今回世界初公開したマイテック・コンセプトは、小さなクルマでも遠くまで行きたい、一歩先に踏み出したい、というユーザーのニーズにお応えするものです。

 PHEVは構成要素が多く、レイアウト上の制限があって小型化は難しかったのですが、軽量コンパクトなガスタービンを用いることでこれに対応しました。ガスタービンは軽油や灯油、アルコールなど地域によって最適な燃料を使用できます」

 また、三菱のグプタ・アシュワニCOOは、

「今後は三菱独自のPHEV技術に加え、アライアンスのバッテリーEV、シリーズハイブリッドといった多様な電動化技術を活用することで、電動車のラインナップを拡充していきます。具体的には、2022年までにミッドサイズSUV/コンパクトSUVに、いずれも電動化技術を採用した新型車を投入する計画です。今後軽自動車を含め電動化を進めていきます」と語りました。

くるまのニュース編集部

最終更新:10/23(水) 17:31
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事