ここから本文です

市販化はいつ!? 反響が大きかった東京モーターショーのコンセプトカー5選

10/23(水) 6:10配信

くるまのニュース

東京モーターショーを彩ったコンセプトカーたち

 2019年10月23日のプレスデーをもって、第46回東京モーターショー2019の全貌が明らかになります。

ワクワクが止まらなかったコンセプトカーを画像でチェック(22枚)

 東京モーターショーにはこれまで、数々のコンセプトカーが出展されてきました。コンセプトカーのなかには、日産「GT-R」やマツダ「RX-8」のように後に市販化されたモデルがありますが、大いに話題となっていたにも関わらず、市販化されないコンセプトカーのほうが圧倒的に多いのが実情です。

 そこで、過去の東京モーターショーで公開されたコンセプトカーのなかから、市販が期待され反響が多かったモデル5車種をピックアップして紹介します。

●日産「IDx NISMO」

 東京モーターショー2013で日産ブースに展示され、注目を浴びたのが「IDx」です。

 IDxのスタイルは2ドアクーペで、公式にはアナウンスされていませんがデザインは3代目「ブルーバード(510型)」をモチーフにしたといわれています。

 エンジンは直列4気筒でフロントに搭載しリアを駆動するFRを採用。このあたりも510型を彷彿とさせます。

 バリエーションはスタンダードモデルと、スポーティな「IDx NISMO」が用意され、とくにIDx NISMOはクラシカルなオーバーフェンダーが装着され、カラーリングもアメリカのレースで活躍した「ダットサン510」をモチーフにしています。

 内装はハイテクな装備とクラシカルなデザインが融合された斬新なもので、いわゆる「ネオクラシック」な印象です。

 公開当時の反響も大きく、日産のラインナップから消えてしまった小型FRクーペ復活を期待させるものでした。

 ちなみに、アラビア数字の510をローマ数字で表すと「DX」となります。

●トヨタ「GR HVスポーツコンセプト」

 2012年に発売されたトヨタ「86」はFRスポーツとしてヒット作となりましたが、東京モーターショー2017に展示された「GR HVスポーツコンセプト」は、86の未来を予感させるモデルでした。

 GR HVスポーツコンセプトは車名のとおりハイブリッド車で、駆動方式がFRの2シータークーペです。

 世界耐久選手権を戦っていたレーシングカーの「TS050 HYBRID」で鍛えたハイブリッド技術「THS-R(TOYOTA Hybrid System-Racing)」を搭載し、ボタンひとつでマニュアルモードへの切り替えが可能で、オートマチック車でありながら6速MT車のような操作が楽しめるHパターンシフトを採用していました。

 なお、公表されているボディサイズは全長4395mm×全幅1805mm×全高1280mmと、86よりもひとまわり大きいサイズです。

 また、ルーフ部分が脱着できる「タルガトップ(トヨタの呼称ではエアロトップ)」が採用され、気軽にオープンエアドライブが楽しめるとされていました。

 コンセプトカーながらGR HVスポーツコンセプトの内外装の作り込みは市販車並のクオリティで、本当に市販されるのではと注目されました。

1/3ページ

最終更新:10/23(水) 10:46
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ