ここから本文です

巨人・菅野、3ラン被弾後粘投も…バックの拙守連発で7回途中4失点降板

10/23(水) 20:50配信

ベースボールキング

◆ 岡本の2ランで追い上げムードも…

 腰痛の影響で阪神とのCSファイナルステージの登板を回避していた巨人の菅野智之投手が23日、日本シリーズ第4戦(東京ドーム)に先発登板。7回途中まで力投したが、守備陣の拙守もあり4失点(自責点3)で降板した。

 初回、1番・牧原を一ゴロに仕留めると、続く今宮は外角いっぱいにスライダーを投げ込み見逃し三振。3番・柳田も渾身の内角真っ直ぐで連続三振に仕留め、雄叫びを上げながらマウンドを降りた。2回も4番・デスパイネを左飛に仕留めるなど危なげなく無失点。3回は再び3者凡退で終え、序盤3回を1安打無失点で乗り切った。

 しかし0-0の4回、先頭の今宮に左前打を打たれると、続く柳田は空振り三振に仕留めたものの、一走・今宮に二盗を許した。4番・デスパイネには痛烈な左前打を打たれ一死一、三塁。5番・グラシアルは2球で追い込んだが、その後フルカウントまで粘られ、最後は甘くなったスライダーをバックスクリーン左へ運ばれた。

 それでも5回、6回はいずれも3者凡退に抑えると、3点を追う6回裏、自軍の4番・岡本が追撃2ランを右翼席へ運んだ。菅野は1点差の7回表も続投したが、一死から三塁・岡本の失策で出塁を許すと、一死一、二塁から、代打・長谷川勇のニゴロを、今度は併殺を狙った二塁・山本が二塁へ悪送球。ボールが外野を転々とする間に、4失点目となる二塁走者の生還を許した。

 さらに一死一、二塁から、プロ初打席となったソフトバンク・甲斐野の送りバントが内野安打に。これも、三塁・岡本のチャージが甘くオールセーフとなった。

 菅野は一死満塁の場面で降板。それでも、2番手・中川が代打・内川をニゴロ併殺に仕留め、菅野の成績は6回1/3、6安打8奪三振4失点(自責点3)となった。

BASEBALL KING

最終更新:10/23(水) 20:58
ベースボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事