ここから本文です

攻撃陣躍動のトッテナム、大量5得点で今季CL初勝利を飾る!《CL》

10/23(水) 5:59配信

超WORLDサッカー!

トッテナムは22日、チャンピオンズリーグ・グループB第3節でツルヴェナ・ズヴェズダと対戦し、5-0で大勝した。

前節、バイエルンに7失点と大敗を喫したトッテナムは、直近のリーグ戦でも今季未勝利のワトフォードに1-1のドローと不調が続いている。公式戦3試合勝利のないトッテナムは、ワトフォード戦から4人を変更。ルーカス・モウラやウィンクス、ローズ、アルデルヴァイレルトに代えてソン・フンミン、ラメラ、エンドンベレ、B・デイビスがスタメンで起用された。

リーグ戦で採用した[3-4-2-1]の布陣ではなく[4-2-3-1]で試合に臨んだトッテナムは9分、ラメラの右CKからニアに走り込んだケインがゴール左隅にヘディングシュートを流し込み、先制に成功する。

勢いに乗るトッテナムは、16分にもスルーパスをボックス右で受けたラメラのクロスを大外から走り込んだソン・フンミンが左足のボレーシュートをゴールに突き刺した。

その後、ツルヴェナ・ズヴェズダの反撃を受けたトッテナムが体を張った守りでこれ凌ぎ切ると44分、中盤でボールを奪ったエンドンベレがカウンター。ドリブルで持ち上がったエンドンベレのラストパスを受けたソン・フンミンがボックス左からゴール左隅にシュートを流し込んだ。

迎えた後半、先にスコアを動かしたのはトッテナム。57分、ケインのパスで右サイドを抜け出したエンドンベレがボックス右から折り返しを供給。これを中央で受けたラメラが反転から左足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。

リードを広げたトッテナムは、68分にソン・フンミンを下げてE・ダイアーを投入。すると72分、エンドンベレのスルーパスで相手DFの裏に抜け出したケインがボックス左まで侵攻すると、ゴール右隅へコントロールショットを流し込み5点目を奪った。

その後、73分にヴェルトンゲンを下げてフォイス、79分にデレ・アリを下げてロ・セルソを投入し試合を締めにかかる。結局、試合はそのまま5-0で終了。攻撃陣の躍動で5ゴールを奪ったトッテナムが、今季CL初勝利を挙げた。

超WORLDサッカー!

最終更新:10/23(水) 5:59
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事