ここから本文です

途中出場のムバッペが圧巻のハットトリック! PSGがクラブ・ブルージュに5発圧勝《CL》

10/23(水) 6:08配信

超WORLDサッカー!

チャンピオンズリーグ(CL)・グループA第3節、クラブ・ブルージュvsパリ・サンジェルマン(PSG)が22日に行われ、5-0でPSGが勝利を収めた。

ここまで順調に勝ち星を並べるPSGが3連勝を目指してクラブ・ブルージュの本拠地、ヤン・ブレイデル・シュタディオンに乗り込んだ一戦。互いに国内リーグでは首位を走るチーム同士の対決だ。

4-1で快勝した直近のニース戦からスタメンを4人入れ替え手臨むPSGが早々に試合を動かす。7分、チアゴ・シウバのロングフィードで右サイドを抜け出したディ・マリアのクロスをイカルディが合わせて先制。イカルディは公式戦4試合連続ゴールとなった。

幸先よく先制したPSGは14分にも最終ラインの裏をついたディ・マリアに決定機。フリーでボックス右へ侵攻し流し込みにかかったが、珍しいキックミスで追加点とはならなかった。

その後は互いに決定機が作れないまま試合は推移。クラブ・ブルージュはインテンシティの高さを披露し、ポゼッションやシュート数でもPSGに劣らない互角の戦いを見せる。

1点リードのPSGは51分、マルキーニョスが敵陣中央にスルーパスを通すと、反応したイカルディがシュートへ。しかし、この試合2度目の枠内シュートはGKミニョレに止められた。

追加点が欲しいPSGはチュポ=モティングを下げてムバッペを投入。クラブ・ブルージュもCLデビュー戦となったデ・ケテラエルに代えてオケレケをピッチに送る。

この交代が功を奏したのはPSGだった。61分、ムバッペとのワンツーでボックス左の深い位置に侵入したディ・マリアが浮き球で折り返す。GKミニョレが触ってコースが変わったものの、ムバッペが頭で押し込んで2点目を奪った。

その2分後には、左サイドの深い位置でボールを持った相手にディ・マリアのプレッシャーをかけるとミスを誘って一気にチャンスに。ボールを拾ったムバッペのクロスをイカルディが決めて、PSGは瞬く間に3点のリードを得た。

これで勝利を決定付けたPSGは79分、ダイアゴナルに走り込んでディ・マリアのパスを呼び込んだムバッペがGKも躱してゴールイン。さらにその4分後には、ディ・マリアのアウトサイドステップを使った見事なスルーパスに反応したムバッペが決めて5点目。

結局、後半から途中出場したムバッペのハットトリックなどによりPSGが5発圧勝。グループステージ3連勝とし、首位をキープした。

超WORLDサッカー!

最終更新:10/23(水) 6:08
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事