ここから本文です

国際デザイン産業博覧会開催、200超の新製品が一堂に 中国・山東省

10/23(水) 8:06配信

CNS(China News Service)

【CNS】国際デザイン産業博覧会(Industrial Design World Expo)が18日、中国・山東省(Shandong)煙台市(Yantai)で開幕。洗練されたデザインで最新技術を取り入れた製品が一堂に集まった。

【写真】200を超える新製品も博覧会で発表された

 国際デザイン産業博覧会は、中国工業デザイン協会(China Industrial Design Association)が世界の40以上のデザイン組織と共同で開催。2019年世界工業デザイン大会(World Industrial Design Conference)と同時に煙台市で始まった。

 展示会場は3万平方メートルにおよび、工業機械、人工知能(AI)、情報技術など30以上の分野で、国内外の優れた工業デザインが紹介された。200を超える新製品も発表され、来場者は熱心に写真を撮ったり製品を操作体験したりしていた。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。

最終更新:10/23(水) 8:06
CNS(China News Service)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事