ここから本文です

2年連続、後半終了間際の失点によって準優勝。桐生一DF丸山主将「リベンジを果たしたい」

10/23(水) 19:30配信

ゲキサカ

 第98回全国高校サッカー選手権の各地区予選がスタートしている。湘南内定FW若月大和(3年)を擁する桐生一高(群馬)は、10月27日に開催される共愛学園高との群馬県予選2回戦が初戦。U-17ワールドカップに参戦する若月が最大で準決勝まで不在となる可能性がある中、一戦一戦勝ち抜いて6年ぶりの全国大会出場を果たす。

 DF丸山佑大主将(3年)は183cmの長身を活かしたヘッドや的確なカバーリング、フィードも優れたCBだ。プリンスリーグ関東に所属する強豪校のリーダーでもある丸山が、選手権予選への意気込みなどを語った。

―選手権予選が近づいてきている。
「2年連続で決勝のアディショナルタイムに点を取られている。その先輩たちを見てきて、自分たちの高校最後というのもあるんですけれども、自分たちプラス先輩たちの無念というか、最後に涙を流している姿を見てきているので、その先輩たちの分もしっかりとリベンジを果たしたい。選手権では一戦一戦相手をリスペクトして、自分たちのサッカーをして、絶対に優勝したいと思います」

―去年の敗戦の瞬間に感じたことは?
「あの時はプリンスリーグがまだあったので、先輩方は思い切り泣けていなかったんですけれども、選手権に懸けている思いは感じていて、残念な形で、本当にあと一歩で負けてしまった。その先輩たちの悔しがっている光景を見た時に、自分たちが来年、この舞台で先輩たちの分までリベンジを果たしたいなと思っていました」

―特にキャプテンとして意識していることは?
「CBなので、後ろが強気なプレーをしたり、勇気づけるという部分です。自分たちが強気な試合はチームも強気で流れも来ている。でも、(プリンスリーグの)矢板(中央)戦とか蹴ってくる相手に弱気な姿勢だと、チームに伝染してしまう。DFラインとして、キャプテンとしてしっかりと引っ張るという部分ではまだまだ全然足りない。自分がもっと頼もしく引っ張るキャプテンだったらもっとチームが強くなると思うので、背中で見せられたら良いと思います」

―プレー面でのこだわりはある?
「(後方から優位性を持ちながらビルドアップしていくスタイルの中で)自分が攻撃のスイッチを入れられるという強みがあると思うので、そのストロングポイントを活かして、もっと自分がボールにかかわって、そこから攻撃のスタートを切れれば良いと思います」

―準決勝まで若月がいない可能性があるが?
「大和頼みと言われるのが一番悔しいです。自分たちもいなければいけないとは思っていないですけれども、大和は力があるし、いたらいたで相当凄い。でも、選手権準決勝間に合うか間に合わないかというのは夏休みに入ってすぐくらいに分かっていたし、それもチーム全体として意識して夏休みもやってきたので、『若月だけじゃない』というのをこれから見せていきたいです」

―彼が不在だったインターハイ予選では準決勝敗退。
「情けないな、という。個人的にもパフォーマンスが良くなかった。桐生第一というのは前橋育英さんとライバルで、毎年どっちが勝つか分からないというものだと思うんですけれども、決勝の育英さんにたどり着けなかったので本当に情けないなというか、去年のキャプテンの中野さんからも『ここで弱いというのが再確認できたから、それを選手権やプリンスリーグに活かせ』と。この結果をどのように受け止めて、どのようにやっていくかが凄く重要だと思うので、そこはインターハイは凄く悔しかったので、その分もプリンスリーグと選手権に活かせれば良いと思います」

―選手権予選へ向けて。
「2年連続アディショナルタイムに(失点して)負けている。先輩たちの分もしっかりとリベンジを果たさないといけない。相手をリスペクトして、自分たちのサッカーをして、絶対に優勝したい。3年間、桐生第一高校で培ってきたものを最後に思い切り出して、最後なので絶対に後悔だけはしたくない。桐生第一として大きく時代を変える。その代になりたいと思っているので優勝という形で見せられれば良いと思っています」

最終更新:10/23(水) 19:30
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事