ここから本文です

“ポキッ”とトウモロコシを折ったような音…「陰茎折症」とは?

10/24(木) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

【専門医が教える パンツの中の秘密】陰茎折症

「ギャー、ペニスが折れた!」

 そんな恐ろしいことが実際に起こるのです。セックスの途中でペニスが萎えてしまう“中折れ”とは違います。パンパンにフル勃起しているときに折れるのです。

 このペニスの外傷を医学的には「陰茎折症(せっしょう)」と呼び、発症頻度は年間30万人に1人と報告されています。折れる原因はさまざま。ペニスが曲がるような無理な外力が加わることで起こります。

 たとえばセックス時であれば、激しいピストン運動の最中にペニスが抜けてしまい、勢い余って女性の恥骨に当ててしまうなど。オナニーでも、より刺激を求めて叩いたりしていると折れる場合がある。勃起したままトイレで排尿しようと、手でペニスを無理やり下に向けたときに折れることもある。

 油断している睡眠中も要注意。朝立ちしているときの寝返りや、朝立ちしているところに子供が飛びかかってきて折れるということもあります。

 では、なぜペニスが折れるのか。理解してもらうために、ペニスの構造から説明しましょう。ペニスは尿道を囲むように亀頭を含めた一本の尿道海綿体と、その両側に陰茎海綿体があります。海綿体はスポンジ状になっていて、性的興奮によって血液が流れ込み貯留することで、長く太く硬い勃起の状態になります。

 そして陰茎海綿体は、「白膜」という伸展する丈夫な繊維の膜で包まれています。「折れる」というのは、この白膜が破れて断裂した状態をいいます。折れたときは「ポキッ」というトウモロコシの茎を折ったようなクラック音がすることが多く、断裂した部分が皮下出血で暗紫赤色(あんしせきしょく)に腫れ上がり、亀頭が折れた側の反対側に曲がります。激痛を伴うこともあれば、あまり痛みを感じない場合もあります。

 ペニスをいじくることの多い夜間に発症しやすいわけですが、「恥ずかしいから」「夜だから」などと受診をためらっていてはいけません。破れた白膜を放置しても自然に元には戻りません。できるだけ早急に治療をしないと、ペニスが曲がったままの陰茎湾曲や性交時痛、ED(勃起障害)などの後遺症が出やすくなります。

 治療は、手術で断裂した白膜の部分を縫合して修復するので、1週間ほどの入院が必要になります。尿道海綿体の断裂に至るなど重症の場合には、陰茎形成術や尿道形成術などの手術が必要になる場合もあります。

 ご自身のムスコさんには、どうか優しく接してあげてください。

(プライベートケアクリニック東京・尾上泰彦院長)

最終更新:10/24(木) 9:26
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事