ここから本文です

阪神ドラ3・及川 森にリベンジ!勝てる投手へ「10勝以上」

10/24(木) 9:00配信

デイリースポーツ

 阪神からドラフト3位指名された及川雅貴投手(18)=横浜=が23日、横浜市の同校で、畑山統括スカウトらから指名あいさつを受けた。中学時代に“スーパー中学生”として、西武・森と対戦経験がある左腕は森との再戦を希望した。

【写真】阪神にドラフト指名され、チームメートから胴上げされる横浜高・及川

 現役プロ野球選手を打ち取るという趣旨のテレビ番組の企画に、当時中学生だった及川が出演した。対戦した打者は中日・平田と西武・森。平田からは高め直球で空振り三振を奪ったが、森には中前打を許していた。

 そのことを及川は鮮明に覚えていた。リーグは異なるが、交流戦などで顔を合わせる可能性は十分。「対戦したい相手ではあります」と雪辱に燃えた。

 高校時代は3度甲子園に出場したが、最後の夏は聖地に届かなかった。「高校時代はチームを勝たせられるピッチングをあまりできていなかった。チームを勝たせられるピッチングをしたい。10勝以上は目指して」と意気込んだ。

 「球界を代表するような投手になって、日本代表のユニホームで世界を相手に戦いたい」。将来性豊かな18歳には、大きな可能性が広がっている。

最終更新:10/24(木) 9:22
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事