ここから本文です

宝塚雪組・彩風咲奈主演「ハリウッド・ゴシップ」開幕 

10/24(木) 9:11配信

デイリースポーツ

 宝塚歌劇雪組2番手スター彩風咲奈(あやかぜ・さきな)主演のミュージカル「ハリウッド・ゴシップ」が23日、大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで初日の幕を開けた。

 1920年代の米ハリウッドを舞台に、彩風演じるエキストラ俳優のコンラッドの野望と、追い落とされるスターのジェリ-(彩凪翔)、女優を夢見るエステラ(潤花)らが織りなす光と影を描いている。

 彩風はエキストラから主演にまで上り詰めるコンラッドを丁寧に演じた。終演後のあいさつでは「映画よりも吉本新喜劇を見て育った私ですが…」と観客を笑わせた。だが「コンラッドの映画に憧れる気持ちと、私が宝塚の舞台に憧れていた気持ちを重ね合わせていました」と共通点を強調。「皆様に『私はハリウッドの住人だったかしら?』と思っていだけるくらい、心を込めてお届けしたい」と笑顔を見せた

 またエステラ役の潤は、早くから注目され、新人公演やバウホールのヒロインを着実にこなしてきた。今回も華やかな容姿と素直な演技で役をスターを夢見るヒロインを的確に表現していた。

 ジェリ-役の彩凪は、若手スターの傲慢さと屈折、狂気を見事に表現。役に説得力を持たせていた。

 10月31日まで。

最終更新:10/24(木) 15:01
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事