ここから本文です

社長の出身大学は日本大学が9年連続首位、好調な業績は旧帝大と理工系大学が上位

10/24(木) 14:00配信

東京商工リサーチ

2019年「全国社長の出身大学」調査

 2019年の全国社長の出身大学は、今年創立130周年を迎え、約118万人の卒業生を輩出する日本大学が調査開始から9年連続でトップを維持した。
 都道府県別(企業所在地)では、東日本は21都道県中、17都県で日本大学が首位に立ったが、西日本は地元や域内の大学が上位を占めた。東日本の「中央」志向に対して、西日本の「地元」優先が浮き彫りになった格好だ。
 社長数が上位100大学出身の企業の業績は、増収や増益など好業績は東京大、京都大、大阪大など旧帝大を中心に、国立大学が上位を占めた。また、私立大学では金沢工大、千葉工大、大阪工大など、理工系大学が健闘している。出身社長数と企業の業績とは相関関係にないようだ。
※ 本調査は、東京商工リサーチの企業データベース約379万社の代表者データ(個人企業を含む)から、公開された出身大学を抽出、集計した。同一人物が複数の企業で社長を務める場合、売上高の条件で1社に絞り込み、社長を兼務する重複企業を集計対象外とした。集計対象外企業は26万3690社。
※ 出身大学が名称変更、統合している場合、現在の存続している大学名で集計した。本調査は2010年から9回目。

◇日本大学が9年連続トップ
 社長の出身大学トップは、日本大学が2万1581人で調査を開始以来、9年連続トップ。卒業生が圧倒的に多く、唯一の2万人超えとなった。次いで、2位が慶応義塾大学1万650人、3位が早稲田大学1万441人と続く。出身社長数が1万人を上回ったのは、上位3校まで。
 以下、4位に明治大学8525人、5位に中央大学7807人、6位に法政大学6296人と、東京に本部を置く大規模私立大学が続く。関東以外では7位に近畿大学、9位に同志社大学の関西勢2校が入った。

◇東京大学が国公立大学で初めてトップ10入り
 社長数の上位9校まで順位の変動がなかったが、10位に東京大学3953人(前回11位)が入った。国公立大学がトップ10に入ったのは、調査を開始以来、東京大学が初めて。
 国公立大学で上位50に入ったのは、東京大学の他、21位京都大学2488人、22位大阪大学2361人、23位北海道大学2210人、27位九州大学2000人、29位東北大学1931人など旧帝大を中心に、32位神戸大学、34位広島大学、42位千葉大学、43位名古屋大学、と10校がランクインした。10校のうち、5校が前年より順位を上げ、他の5校は同順位を維持して堅実さが目立った。

1/3ページ

最終更新:10/24(木) 14:11
東京商工リサーチ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ