ここから本文です

ドラドス・シナロアがGK選手を解雇!理由はインスタグラム投稿問題

10/24(木) 8:54配信

SPORT.es

アルゼンチン人GKガスパール・セルビオが、SNSでメキシコのシナロア州で発生している政府と麻薬カルテルの戦いを笑いのネタにした。麻薬密輸組織のドンの息子である、オビディオ・グスマンがメキシコ政府に逮捕された直後のことである。

ツイッターではハッシュタグ「#EmeryOut」で不満が噴出!アーセナルのファンがウナイ・エメリを批判


セルビオは自身のインスタグラム・ストーリーズに、ユーモラスな音楽付きのビデオをアップした。メキシコの深刻な麻薬カルテル問題で笑いを取ろうとした彼の行為に対し、抗議が殺到した。


22日の早朝にドラドス・シナロアは、「先週ガスパール・セルビオに関して発生した事件の調査を実施し、組織は彼の雇用契約を早期に打ち切ることを決定した」と正式に発表し、同選手の解雇を明らかにした。


アルゼンチンのアルセナルFCからドラドス・シナロアへ移籍したガスパール・セルビオは、3年前にアルゼンチンのアルセナルFCからドラドス・シナロアへ移籍していた。

SPORT

最終更新:10/24(木) 8:54
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事