ここから本文です

FacebookのCEOがリブラを米議会で語る前に抑えておきたいポイント

10/24(木) 0:31配信

CoinDesk Japan

ソーシャルメディア大手のフェイスブック(Facebook)は2019年10月23日(現地時間)、またしても米議会で攻撃の矢面に立つことになる。仮想通貨プロジェクト「リブラ(Libra)」が議題の中心だ。

フェイスブックの創業者兼CEO、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)氏は、下院金融サービス委員会で証言し、リブラは銀行を利用できていない個人の利益に適い、アメリカはリブラのローンチを許可すべきと主張することになる。ザッカーバーグ氏は他にも、最近発生した同社の差別に関する事例その他についても証言を行う。

そして過去にリブラが議会で取り上げられた時と同様、議員らはフェイスブックの主導する仮想通貨プロジェクトよりも、会社そのものに焦点を当てることが見込まれる。

デジタル商工会議所(Chamber of Digital Commerce)の代表、ペリアン・ボアリング(Perianne Boring)氏はCoinDeskに対して、リブラをめぐる以前の公聴会でフェイスブックのブロックチェーン責任者デビッド・マーカス(David Marcus)氏が下院金融サービス委員会と上院銀行委員会で証言を行った際、フェイスブックが「最重要な焦点」となっていたと述べた。

確かにザッカーバーグ氏も、10月22日(現地時間)に発表され、事前に準備していた証言文の中で、自社に向けられている不信感について認識しており「このアイデアを推し進めているのが、フェイスブック以外の誰かだったら良かったのにと人々は思っていることでしょう」と記した。

「こうした過去の問題に焦点を当て続けたいという誘惑は、一部の人にとって打ち勝てないほどに強いものかもしれません」と、ボアリング氏は述べた。

それでもザッカーバーグ氏は、リブラは素早く安価な国際送金を可能にし、世界中の17億人の非銀行利用者層に金融サービスを届ける助けになることができると主張することが見込まれる。同氏はさらに、リブラが中央銀行に取って代わったり、既存の金融政策を混乱させるという考えには反対するだろう。

1/3ページ

最終更新:10/24(木) 0:31
CoinDesk Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事