ここから本文です

Facebook「リブラ」の金融リスク監視へ:米財務省

10/24(木) 0:43配信

CoinDesk Japan

米財務省は、フェイスブック(Facebook)主導の仮想通貨プロジェクトリブラ(Libra)の監視を約束した。

このニュースは、ミズーリ州第5区選出のエマニュエル・クリーバーII(Emanuel Cleaver, II)議員によって10月22日(現地時間)に発表された。クリーバー議員は、金融安定監督評議会(FSOC)と金融調査局(OER)に8月に書簡を送り、規制当局に対して「リブラとカリブラ(Calibra)のシステミックリスクの可能性を積極的に調査する」よう求めたという。

クリーバー議員は昨日、財務省から書簡を受け取り、リブラについて多くの「未回答の質問」があることを確認した。同省は、議会が「これらの問題を引き続き検討する」ため、「このマーケットを注意深く監視し、確認されたあらゆる規制ギャップに対処する」と述べた。

財務省は次のように付け加えた。

「米国や海外の規制当局が、リブラ市場を監視し必要に応じて是正措置を要求できる能力があるかどうかは不明だ。もしリブラがローンチされるなら、この問題は対処されなければならない」

フェイスブックの世界的なリーチを考えると、仮想通貨が「世界経済にシステミックリスクをもたらすことはない」ことを保証するために、そのプロジェクトを「厳しく」調査することは「絶対的に重要」である、とクリーバー議員は主張した。

クリーバー議員は、リブラに関する懸念事項に関して規制当局と協力するフェイスブックの取り組みを称賛する一方で、「我々の金融システムを更新、もしくは一変させる可能性」があると述べた。

「フェイスブックがこの規制の道を進む中で、我々は、リブラを通じてテロ資金調達とマネーロンダリングが進められていないことを確認する必要がある。FSOCによれば、重大な懸念が残っている」と同議員は締めくくった。

この発表は、フェイスブックのCEO、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)氏が下院金融サービス委員会でリブラ等の問題について証言する予定日の前日に行われた。公聴会は10月23日の協定世界時 (UTC)14時に予定されており、こちらで中継を見ることができる。

翻訳:新井朝子 | 編集:T.Minamoto | 写真:Treasuryimage via Shutterstock | 原文:US Treasury to Monitor Libra Over Possible Financial Risks

CoinDesk Japan 編集部

最終更新:10/24(木) 15:06
CoinDesk Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事