ここから本文です

槇原敬之、フジファブリック『若者のすべて』カバー! 原曲のヒリヒリ感はなく…

2019/10/25(金) 12:00配信

J-WAVE NEWS

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。注目の新譜・いま注目すべき名盤・話題の来日アーティストなど、様々な旬のトピックを週替わりで4日間かけて掘り下げていくコーナー「FEATURE TOPICS」。

槇原敬之「J-POPと呼ばれるのが嫌だった時期があった」

10月21日(月)~24日(木)は、槇原敬之を特集。槇原はデビュー30周年を迎えるこの10月、初のカバーベストアルバム『The Best of Listen To The Music』をリリース。この日の放送では収録された楽曲を一部紹介した。

■槇原が大ファンのYMO『君に、胸キュン。』をカバー

まずはイエロー・マジック・オーケストラ『君に、胸キュン。』を紹介。槇原は坂本龍一を慕っており、坂本のラジオ番組にデモテープを送ったこともあるのだとか。また、あっこゴリラはオフコースの『言葉にできない』を紹介する際には「グルーヴを感じるからまた別の曲みたい、面白い」とコメントした。

他にも番組では槇原がカバーした、宇多田ヒカル『traveling』、Elton John『Your Song』、Louis Armstrong『What a Wonderful World』、松任谷由実『Hello, my friend』、中島みゆき『時代』、大江千里『Rain』、久保田利伸『Missing』を紹介。リスナーから「マッキーの歌、Elton John最高じゃん」と声が寄せられ、あっこゴリラも「ヤバかった」と同意した。


■ヒリヒリ感のない『若者のすべて』

最後に新録となるフジファブリック『若者のすべて ~Makihara Band Session~』を紹介。あっこゴリラは思わずファン目線になって、槇原を「マッキー」呼びをしてしまう場面も。

あっこゴリラ:いやあ、いいですね。フジファブリックのオリジナルの『若者のすべて』は、もっとヒリヒリするんですよ、ロックバンドだから。その感じは一切なくなっているのに、嫌な感じがしないんですよね。すごくピュアな人なんだろうな、マッキーって。この曲からヒリヒリ感を抜いて、でも嫌味ったらしく感じないってすごくないですか? すげーなマッキーって......マッキーって言っちゃってますけど(笑)。

槇原の真っ直ぐな歌唱が印象に残るカバーだ。『The Best of Listen To The Music』で要チェック!


【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
放送局:J-WAVE(81.3FM)

最終更新:2019/10/25(金) 12:00
J-WAVE NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事