ここから本文です

小池知事 直談判も“物別れ”五輪マラソン札幌移転でIOC幹部と会談

10/26(土) 6:00配信

デイリースポーツ

 2020年東京五輪のマラソンと競歩の開催地を札幌に移転する案に関して、国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ調整委員長が25日、東京都庁で小池百合子都知事と会談した。小池知事は従来通り東京開催を訴えたが、コーツ氏は「東京の可能性はない」「意思決定はされている」と移転は決定事項であることを強調し、話し合いは平行線。30日から都内で開催される調整委員会で引き続き協議する。

 マラソン、競歩の札幌移転案で混乱が続く中、東京都知事とIOC調整委員長による緊急トップ会談が実現したが、“物別れ”に終わった。

 猛暑による選手の健康被害を憂慮するIOCが今月発表した移転案に対し、東京都は反発している。あくまで東京で開催する道を探っている小池知事はこの日、スタート時間のさらなる前倒し案などを訴えた。だが、コーツ氏は「日が出る前にはできない。(夜間に飛ばせない)ヘリコプターの都合や、マラソンの重要性を考えると(暗いと)見え方が良くない」と否定的だ。

 今年の世界陸上開催地だったドーハ、東京、札幌の気象条件を比較した資料も用意しながら、「札幌は東京より気温が5~6℃低い。東京より札幌がいいことを示していく」と移転案に自信をのぞかせた。また、マラソンのメダルセレモニーを新国立競技場で行われる閉会式に組み込み、競歩のメダルセレモニーも東京で開催するプランを明かした。

 結局、この日の話し合いは平行線のまま終了。小池知事は「東京都の(暑さなどの)対策はIOCからもこの前までお墨付きをもらっていた」と急転直下の移転案に改めて不快感を示した。同時に「私は東京でマラソン、競歩をやるという気持ちに変わりがない。調整委員会でも議論していく」と、最後まで東京開催の道を探る考えを示した。

最終更新:10/26(土) 6:00
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事