ここから本文です

山梨学院大「頭の中が真っ白」主将はぼう然 34年連続の箱根切符逃す

10/26(土) 13:36配信

デイリースポーツ

 「箱根駅伝予選会」(26日、陸上自衛隊立川駐屯地発、国営昭和記念公園着)

 34年連続34回目の出場を目指した山梨学院大は17位に終わり、上位10人の合計タイムにより上位10校に与えられる本戦(来年1月2日、3日)の出場権を逃した。

 個人成績でボニフェス・ムルア(1年)がチームトップの10位に入ったものの、2番手が渡辺晶紀(2年)の90位、3番手が日影優哉(3年)の140位と、全体的に精彩を欠いた。主将の首藤貴樹(4年)は「何を言っていいか分からない。頭の中が真っ白で、何も考えることができない」と言葉を絞り出した。

 総合優勝3回を誇り、33年連続で本戦出場を果たしていた常連校。今季から飯島理彰コーチ(48)が駅伝監督に就任し、初出場から箱根に導いていた上田誠仁監督(60)が陸上部全体の監督としてサポート。飯島駅伝監督は「練習メニューを立てているのは私。完璧なコンディションで入れてこの結果ということは、私の練習計画がひ弱なのかな、と。下馬評は厳しい位置にあった。相当頑張らないと出場権を取れないという思いだった。箱根だけは外してはいけないと思っていた」と唇をかんだ。

 上田監督は「いろいろなものを今、かみしめている。その中からの一歩を踏み出さないといけない」と前を向いた。

最終更新:10/26(土) 13:49
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事