ここから本文です

郵便局が来年2月からキャッシュレス決済導入、クレジットカード・電子マネー・スマホ決済が利用可能に

2019/10/28(月) 8:00配信

MONEYzine

 日本郵便は、郵便局の郵便窓口で順次導入するとしていたキャッシュレス決済について、取り扱う決済ブランド、導入局などを決定。10月25日に発表した。

 キャッシュレス決済が利用できるのは、郵便窓口で取り扱っている次の商品・サービスの支払い時。

1. 郵便料金または荷物(ゆうパック、ゆうメールなど)運賃の支払い
2. 切手、はがき、レターパックなどの販売品(印紙を除く。)の支払い
3. カタログ、店頭商品などの物販商品の支払い

 利用できるのは、クレジットカードが6ブランド、電子マネーが4ブランド、スマホ決済は11ブランドとなっている。

クレジット・デビット・プリペイドカード(非接触対応カードを含む):VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、銀聯

電子マネー:交通系IC、iD、WAON、QUICPay+

スマホ決済:ゆうちょPay、Amazon Pay、au PAY、d払い、LINE Pay、メルペイ、Origami Pay、PayPay、楽天ペイ(アプリ決済)、アリペイ(Alipay)、WeChat Pay

 サービス開始は2020年2月3日を予定しており、まず、全国65の郵便局で導入。同年5月には約8,500局に拡大する。詳細は日本郵便ウェブサイト内の「キャッシュレス決済」のページで確認できる。

最終更新:2019/10/28(月) 8:00
MONEYzine

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事