ここから本文です

日本人が東京五輪・100mで決勝に残るには 世界陸上・小池、桐生、サニブラウンの走りから考える

2019/10/28(月) 10:00配信

みんなの2020

9月27日からドーハで開催された世界陸上競技選手権大会が10月6日に閉幕した。日中は50度近くになる気温と100%に近い湿度という過酷な環境に加え、通常より遅い時期の開催であったにもかかわらず、全体の競技レベルは意外なほど高かった。ただ、来年の東京五輪に向けて日本人選手はさらにレベルを上げていく必要がある。北京オリンピック銀メダリストの朝原宣治が100mに出場した3選手の走りを解説する。

惜しかった小池選手、不調の原因は

まずは100mに出場した日本人選手の結果を振り返ってみたい。小池祐貴選手は予選を10.21(向かい風0.3m)で突破したが、スタートが決まらず、中盤から後半に向けて加速するも精彩を欠いた走りとなった。実力者であるベテランのマイケル・ロジャース選手(アメリカ)が同組で、昨年9秒台に突入したフィリッポ・トルトゥ選手(イタリア)と中盤から競り合い、最後に抜かれて4着の結果だった。

今シーズン順調に調子を上げてきた小池選手は、7月20日のロンドンダイヤモンドリーグで日本人3人目の9秒台である9.98(追い風0.5m)で4着の好成績を残した。この調子を維持すれば、今大会でも準決勝で世界の強豪と10秒0台~9秒台で競り合い決勝に進むことも想定できたが、準決勝ではさらにタイムを落とし決勝への夢は途絶えた。
不調に終わった原因を考察すると3つ挙げられる。1、走りの技術的問題があった。2、初の世界選手権で自分の力が発揮できなかった。3、大会に向けての調整ミス。
1、については予選から準決勝に向けて修正ができていないので当てはまらない。2、についてはロンドンダイヤモンドリーグで強豪と競り合いの中、9.98の好タイムを出していることから、一緒に走る選手や雰囲気で自分の走りができないということは考えにくい。3、が最も考えられる原因だ。一度7月に9秒台を出しピークを迎えた状態から、2か月かけてトレーニングを積んで今大会に調整をしてきたはずである。その調整が上手くいかなかった可能性があるのではないかと推測する。9.98を出してからの周りから、あるいは自分自身への過剰な期待がトレーニングに大きな影響を与えたのかもしれないし、8月18日に10.31の成績であったバーミンガムグランプリの体調不良を引きずってしまった可能性もある。いずれにしても、ピークの状態で臨んでいれば十分に決勝に残る可能性があったので非常に惜しい。

1/4ページ

最終更新:2019/11/27(水) 13:57
みんなの2020

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ