ここから本文です

さかなクン、サンシャイン水族館のVRは「ギョ(小)島よしおさんと見たい」

10/28(月) 19:44配信

TOKYO HEADLINE WEB

 タレントのさかなクンが28日、池袋のサンシャイン水族館で体験型エンターテインメント「さかなクンと秘密のラボ in サンシャイン水族館」の先行公開に登場。さかなクンと映画やアニメ、VRなどの制作で知られる「ROBOT」がコラボレーションし、さかなクンのイラストを使った体験型展示「さかなクンの研究室」やギョーグル(VRゴーグル)を装着して「VR海中探索」が楽しめる超没入型ギャラリーだ。

「ぜひとも2回、3回、4回、ギョ(5)回と見ていただくと」

 サンシャイン水族館は「18~19歳の時に実習をさせていただいた思い出深い水族館で、小学校の時から家族に連れてきてもらった水族館でもあり、東京海洋大学で客員助教授のお祝いをしてくださったのもサンシャイン水族館」というさかなクン。展示の目玉は秘密のラボの「個人研究室」コーナーで体験できる、さかなクンの描いた魚がバーチャル空間の海の中を泳ぎ回る約12分間の「VR海中探索」だ。

「もともと絵を描くのが大好きで、そこから魚が好きになってお魚を描くようになったんですが、いままで描いてきた思い出いっぱいのお魚をこのようなすギョい世界にしてくださったということが本当にうれしくて。もう夢のようだと思ったけど(頬を叩いて)、痛いからこれは夢じゃないぞと」と感激の面持ち。

 イラストによるVR制作はさかなクンからの提案で「今年のギョ(5)月にVRの世界を見せていただいてギョえ~、上も下も後ろもすギョい~、わ~落ちそうと本当にびっくり。これを魚の世界にしてくださることを伺って、本当に遠慮なく『さかなクンの絵を動かしてください』とワガママを申してしまいまして」と明かす。「ROBOT」の加藤雅章エグゼクティブプロデューサーは「再現するのに技術的な壁があったんですけど、チャレンジする価値があると思いまして。海底のエリアにサンゴができました、魚が入りましたというのを全部確認していただいて作っていった作品です」と出来栄えに自信を見せた。

 監修作業では「VRを見せていただきながら、魚(ウオ)~、すギョいですね~、ただこの目の輝きをもう少し抑えてくださいとか、エラをこのようにしてくださいとか、微調整をお伝えさせていただいて。もうちょっとこういう感じにしていただくとこのお魚らしくなりますねとか、深海に潜っていく時にチョウチンアンコウとかヒカリキンメダイがいるといいなと思いまして、いくつか希望のお魚を追加していただいたり」とさかなクンらしいこだわりも。


 描いた魚の種類は「16種類で16ギョ。多くは温かい海に暮らすお魚で、すべて日本の海で出会えるんです」といい、「1回だけじゃなく、ぜひとも2回、3回、4回、ギョ(5)回と見ていただくと、ここに隠れていたお魚がいたんだとか、1回じゃ気づかないことが見れば見るほど発見できると思うんです」とPR。さかなクン自身が一緒にVRを見たい人は「ギョ(小)島よしおさんと一緒に行きましょうと早速約束しました。とっても仲良しなので」と意外な人物との水族館デート計画を発表した。

「さかなクンと秘密のラボ in サンシャイン水族館」はサンシャイン水族館 特別展会場にて11月1日~2020年1月13日の期間で開催される(料金1000円、7歳未満は入場不可)。

最終更新:10/28(月) 19:44
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事