ここから本文です

寒くなってきたら、エンジンスタート前の「猫バンバン」。小さな命を救うための行動とは。

2019/10/30(水) 11:30配信

Park blog

大きな目にふわふわの毛並み、気まぐれでそっけないと思っていると不意に甘えてすり寄ってくる。そんな、ついつい目尻が下がってしまうほどに可愛い猫は、暖かい場所が大好きだ。だから寒い季節になると、暖を求めて車のエンジンルームに入り込んでしまうことがある。「猫バンバン」とは、車のエンジンをかける前にボンネットを叩いて知らせてあげることで、悲しい事故を防ぐための行動のことだ。本記事では、本格的に寒くなる前に、今一度「猫バンバン」の重要性とやり方についてご紹介しよう。

【写真を見る】猫バンバンって、一体何?

寒い時期には要注意!エンジンルームで暖を取るネコチャン。

 肌を刺すような冷たい空気の冬に、暖かい場所を求めるのは人だけではない。寒さが苦手な動物の中でも、その印象が強いのは猫ではないだろうか。こたつの中で丸くなって目を細めて眠る姿を想像することは容易いはずだ。
 家の中ならば、ほかにもヒーターのそばや日差しが差し込む窓辺など、いくつもある暖かい場所からお気に入りの場所を選ぶこともできるだろう。しかし、縄張りを外に持っている猫にとって、暖かい場所を確保できるかどうかは死活問題となる。
 そんな猫にとってエンジンを切ったばかりの車のエンジンルームは、暖を取るのに最適の居場所だ。しかも、ボンネットのおかげで雨風もしのげるのだから贅沢な空間極まりない、といったところだろう。そんな猫たちにとっては理想的な寝床だから、しなやかな体をくねらせてするりと部品と部品の隙間からエンジンルームへと入り込んでしまう。

姿が見えないからといって安心はできない。

 ところで、猫は一日の大半を寝て過ごす。その呼び名は “寝子“ から付いたと言われているほどだ。つまり、寝ることが大好きな猫が暖かくて居心地の良いエンジンルームに入り込んだまま、ぐっすりと熟睡してしまっている可能性だってある。
 「猫は警戒心が強いんだから人間が車に近づいてきたら敏感に察知して逃げるでしょ」。そうとも限らない。
 JAFが公表した情報によると、2019年1月の1か月だけでも「エンジンルームに動物が入り込んでしまった」という救援要請が27件もあり、うち25件は 猫だったそうだ。人間が近づいてきても、エンジンルームにとどまる猫が少なくないということだ。
 もしエンジンをかけるまで気がつかなかったら、猫はエンジンの熱で火傷を負ってしまったり、ベルトやファンに巻き込まれて怪我をしてしまったりして最悪死に至ることもある。

1/2ページ

最終更新:2019/10/30(水) 11:57
Park blog

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事