ここから本文です

米ツイッター、政治広告を禁止 11月22日から=CEO

10/31(木) 6:36配信

ロイター

[ニューヨーク 30日 ロイター] - 米短文投稿サイトのツイッター<TWTR.N>のジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)は30日、11月22日からプラットフォームでの政治広告を禁止すると発表した。

コラム:問題続出の米ツイッター、広告モデルに疑問符

ドーシーCEOは「あらゆる政治広告を世界的に禁止することを決定した」とツイッターに投稿し、政治的なメッセージは「獲得すべきもので、買うべきものではない」と主張した。

さらに、広告料金を支払うことで人々に向けられた政治的なメッセージの力が政治に重大なリスクをもたらし、数百万の人々の生活に影響を及ぼす恐れがあると指摘した。

投稿を受け、ツイッターの株価は引け後の取引で1.9%下落した。

ツイッターやフェイスブック<FB.O>などの政治広告の扱いを巡っては、選挙に影響を及ぼす可能性のある誤った情報を拡散する広告の掲載を止めるべきだとの声が高まっている。

*内容を追加しました。

最終更新:10/31(木) 10:08
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ