ここから本文です

コカ・コーラを自宅で楽しむ新サイズ 飲みきりと2人飲み用ペットボトルが誕生

2019/10/31(木) 12:09配信

日本食糧新聞

コカ・コーラ システムは飲みきりと2人飲みにフォーカスした「コカ ・ コーラ」の新しい容器サイズとなる350ml PET、700ml PETを2020年1月13日から東京・神奈川・千葉・埼玉のスーパーマーケット、ドラッグストア、ディスカウントストアの約8500店舗で先行販売する。

現代の日本は少子高齢化によって人口減が進む一方、少人数世帯が増え、これにより家での炭酸飲料の飲用習慣も変化している。ペットボトルの大型サイズを大人数で分けるよりも小型サイズを少人数でシェアして飲むことが多くなった。

炭酸飲料は、キンキンに冷えた状態で炭酸の刺激と味わいを楽しむのがもっともおいしい飲み方であることから容器が重要で、いつどこで何人と飲むかによって最適な容器のタイプとサイズが異なる。

家に持ち帰った消費者が「コカ ・ コーラ」ならではのおいしさを楽しめるよう、最適な容器サイズとして一人で飲みきれる350mlPET、二人で飲むのにちょうどよい700mlPETを、持ち帰りがメインの購買チャネルとなるスーパーマーケット、ドラッグストア、ディスカウントストアにて、少人数世帯が多い一都三県を対象に先行販売する。税抜き希望小売価格は350mlが120円、700mlが195円としている。

一方でコンビニエンスストアや自販機など外出先での飲用量が家よりも多い「即時消費」には、現行の500mlPETを提供することで時代の変化に迅速に対応し、変化する飲用習慣に新たな需要を喚起し、炭酸飲料市場の拡大に貢献する。

日本食糧新聞社

最終更新:2019/10/31(木) 17:32
日本食糧新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ