ここから本文です

首里城炎上 沖縄相「心を痛めている」 早期再建に意欲

2019/10/31(木) 10:55配信

沖縄タイムス

 【東京】衛藤晟一沖縄担当相は31日、世界遺産の首里城正殿などが火災で全焼したことに「心を痛めている。大変ショックだ」と述べた。

 衛藤氏は「沖縄にとって、文化や伝統や歴史が凝縮した、まさに沖縄のシンボル。それが焼失した」と肩を落とした。

 その上で、「一刻も早く再建しないといけない。内閣府としても音頭をとりながら、国土交通省や文部科学省と十分協議をして、沖縄県とも相談してやっていかないといけない」と、再建に取り組む考えも示した。

 「一刻も早く(現場に)行きたい」とも述べ、鎮火し、原因究明などが進んだ段階で視察したい考えも示した。

 国会内で沖縄タイムスなどに答えた。

最終更新:2019/10/31(木) 10:55
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事